DSCF8314

 

2017年10月中旬、旅行と仕事を兼ねて京都に来ています。

京都の街を満喫できて楽しいし仕事もできて楽しい。でも疲れもするし、エニアグラムでいうステートが上下することもある。

松本と横浜で生活しているのと同じく、京都でもそれは同じ。もちろん、京都は普段来ない地だからこその非日常感はあるけどね。

さて、そんなある日、僕は「投影」して勝手にイライラしていることに気づきました。

 

[adSensecode]

 

投影していることの自覚

朝、目覚めてからザワッとしたのね。それは怒りなのか不安なのか嫉妬なのかはわからないけどザワッとしたんです。たぶんFacebookのある投稿を見てから。

するとね

前日までは街行く人も楽しげに見えたし、雨が降っても気分は上々だった。

なのに

その日に限っては街ゆく人が敵に見えたり、怒っているように見えてしまう不思議。

事実、眉間にしわを寄せている方々ばかり目につく(僕の中で、眉間にしわを寄せている人=怒ってる人のイメージ、あくまでイメージ)

これ、正確には「そういう存在」をキャッチしてしまっているだけ。京都の様相は変わっていないのに(自分が見ている)世界が変わってしまっただけ。これ、心理学用語でいう「投影」というもの。

▶︎参考:投影 – Wikipedia

OSHO禅タロットのFIGHTING

この変わりようにびっくり。でね、そうなると人当たりもちょっときつくなるのね(と自分では感じてしまう)。

街に出る前、ザワッとしたときにOsho Zen Tarot/和尚禅タロットを引いたらFIGHTINGが出てきました(笑)

▶︎参考:Zen Tarot | OSHO | Meditationのサイトでも引けます

 

これを解釈すると、ザワッとした僕は「僕以外の何者か」になろうとしているみたい。ザワッとした元凶に対して敵対心むき出し。無理して何かを勝ち取ってやると挑んでいるみたい。

あるいは「ぎゃー、今の僕、大丈夫じゃない!!」となぜか思い込み、鎧を着込んで外部から心身を守ろうとしてるみたい。

でもね、それは自分をちこっと許せてないから。「こんな自分でもオッケー!」とたまたま思えなくなっちゃっただけ。

自覚できたら選択できる

なんかザワッとする。なんかイライラする。すると世界が変わって見える。

これ、決して自分以外が悪いんじゃなくて、自分がそう見ているだけ。

ということが自覚できると、そのあとの選択肢が増えます。「ずっとザワッとする」の1択だったのが、「そうじゃない選択」ができるようになる。

だからね、「今日はどうも嫌なヤツばかり目につくな〜」と思ったらちこっと立ち止まってみ。それ投影だから。自分の心の内を他人を使って見ているだけだから。

そうやってまずは落ち着いてみる。す〜は〜と深呼吸してみる。

すると、「今もまだザワッとしてもいい」し、「この感情まだいる?いや、もう手放したいよ」とぽいっとしてもいい。極論、どっちでもいいということがわかってきます。

そしたらさ、この次の行動、自分で選べるよね?

おわりに

DSCF8315

 

ここまで書いて気づいた。

たぶん嫉妬だ。僕にできないことをして、僕が欲しいリアルを成し遂げている人に嫉妬していたんだ。

確かに僕が欲しいリアルは僕が望んでいることだけど、でも、その人と同じことをしてできることなのか?というか、その人と同じことをしたいのか?

違うね。

僕には僕の「やり方」と「やりたい」がある。そして、僕に「できること」と「できないこと」がある。

これを自覚し、自分を出していけば「僕だけのリアル」が目の前に開かれてくる。それでいいじゃんか。

OSHO禅タロットの力はすごいと僕は思う

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします