京都迎賓館を拝観してデザインの本質をつかんだ

GR032282

 

「デザインは理論である。デザインは理詰めで作られている。」

と教えてもらったことがあります。

そのことを実感できたのが京都迎賓館を拝観したときのこと。

 

[adSensecode]

 

迎賓館は緻密に考えられて作られています。「なぜそうしたのか」ということが随所に施されてる印象を受けました。

そんな建物を見て思うのは、デザインに必要なことは理詰めとともに「おもてなしの心」も持つこと。それは「相手を気にかけるあり方」ということ。

相手とは迎賓館で言えば各国のVIPさん。その人々に

  • 京都をどう感じてもらうか?
  • 京都らしさを日本建築というフィルターを通してどう表現するか?

たくさんの「喜んでもらおう」という「おもてなしの心」が寄り集まり、カタチをなしているのが迎賓館だと僕は感じた。

 

てことは、「おもてなしの心」ってのは究極、「愛」なんだろうね。愛のひとつのカタチ。

拝観中に僕はこの「愛」に気づいちゃって、実は自分自身に感動してました(笑)

 

GR032277

 

でね、僕はこの感覚と同じことをしたい。

そうすることを僕は望んでいる。ただ言われたことをデザインするのではなく、深く関わることを望んでいる。

 

そんな僕は今Webデザインをやらせてもらってるけど、その際、

  • 相手(お客さん)の想いはなんなのか?その想いを、Webを見た人にどう感じてもらうか?
  • お客さんと自分を客観視しつつも、僕というフィルターを通してどう表現するか?

そう気にかけていくとね、お客さんの何をどのように整理し、表現すれば良いかがわかっていけると思うんだ。

それが僕のデザイン。

おわりに

GR032252

 

理詰めであること。それはデザインにとって大切なDoingです。そして相手を気にかけること。それはデザインにとって大切なBeingです。

このふたつがあってはじめて良いモノが出来上がっていくんだよな。

と、京都迎賓館を拝観した僕は自分のデザインの本質をそう考えるようになりました。

 

※掲載した写真はRICOH GRで撮影し、Lightroomで調整したもの
※京都迎賓館は事前申込(抽選制)をすることで拝観することができます
▶︎参考:京都迎賓館一般公開について : 迎賓館 – 内閣府

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします