今ある豊かさを感じる方法

豊かさに気づくには、自分の好きなものに関わっている人やモノをイメージしていくと良いね。

僕の話を例にしてみるよ。

僕はカメラを作れないからこそ

RICOHやFUJIFILMといったカメラメーカーがなければ、僕は写真にハマらなかっただろうし、写真を通じて表現することもできなかったし、何よりお仕事として活動することもなかっただろうな。

カメラのボディからセンサ、ソフトウェアやストラップまで、製造開発に直接的に関わる人はもちろん、間接的に関わる人もたくさんいる。

  • 情熱を注いでプロジェクトを遂行する人
  • その情熱に感化されて製造している人
  • 他社メーカーと協業するべく動いている人
  • 素材を調達する人
  • 素材を提供する人
  • その人たちの家族や友人など

つまり、僕ひとりでは到底「写真を撮る」という行為すらできないんだよね。だって僕にはカメラは作れないもの。

「1枚の写真を撮る」を実現するまでに関わってくれた人は本当にたくさんいる。

そう思うと

  • こうして綺麗に写真を撮れること自体が豊か。
  • カメラを手にすることができたこと自体が豊か。
  • 写真を通じて人と関われること自体が豊か。
  • 豊かであり、奇跡。

無限の連鎖が僕に喜びをくれた。だからこそ心の底から「ありがたい」と感じる。

で、この感謝の気持ちが豊かさだと僕は思う。

イメージしていけば、無限の連鎖はそれこそ無限に広がっていくでしょ?あなたもそうやってイメージしてみてくださいな。

R0014753

自分のやることで喜んでくれる人は必ずいる

僕がカメラを使って撮ったり、写真に関わるナニガシな活動をすることで人が喜こんでくれる。これはフリーランスで仕事をしていてものすごく実感していること。

そう、僕も「無限の連鎖」の起点となってる。

上述のカメラメーカーの話と同じく、自分のやることで直接的・間接的に喜んでくれる人は必ずいる。だったら、自分の好きなことをした方がいいよね。

R0014702

僕らは感情を売っている

僕らは、見た目としてはスキルや商品そのものを提供しているけれど、実はそれは表面的なものかもしれないよ。

本当は提供したあとに、その人が感じる感情(喜びなど)を提供してるんだよね。

だからこそ、喜ばせている自分をもっと誇りに思っていい。全然オッケーな存在なんだって誇っちゃえ。

「ここ」に気付けるかどうかって大事なことだよ。

R0014692

写真にどハマりしたRICOH GX100

※掲載した写真はすべて2010年にGX100で撮ったものです

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします