「価値を高める」ことは自分を高めること

価値を高めること

価値を高めようとして思いつくのがスキルを身につけること。できることを増やすこと。

それが自分の好きなことであったり、興味のある分野であればいいね。

例えば、僕の本職はフォトグラファーだけど、p5.jsに興味があるからJSのことをもっと知りたくなったわけ。調べていくとTypeScriptというものまで出てきて「おぉ、世界は広い」って思ってしまったりする(笑)

今はp5.jsを楽しむことが目的なのでTypeScriptまでやるつもりはないけどね。本末転倒だもの。

とはいえ、興味あることだから知りたいし、幅を広げたくなる。これ僕の特性。

R1008128

ハリボテの価値

一方、「今の自分じゃ足りないから外から付け足す」と思って学ぼうとするのは違うんじゃないかな。

この意味では付け足した価値はハリボテだよ。
本来の価値は外から付け足すものじゃないと僕は思う。

例えば、かつてあった資格「情報処理技術者2種」は就職に有利だからということで取ったけど、今にして思えば「就職できなかったらどうしよう」が原動力で、そこまでは好きじゃなかったな。

そもそも就職に有利に働いたかもわからないし(笑)

R1008126

そもそも「価値」=「自分」である

だから、価値を上げようと決めたときのスタートは

「価値」=「自分」

であることを僕は意識する。

僕は僕である時点で価値がある。だって、僕の代わりはこの世にいないから。唯一無二。今ここに存在しているだけで価値がある。

という前提で「価値を上げる」こととはこうじゃないかな。

  1. 好きなこと・興味のあることを身につけること
  2. 好きなこと・興味のあることを広げたり深めたりすること
  3. 「そもそもの自分は価値があったんだ!」ことに気づくこと(=思い出すこと)

1と2はまぁわかるでしょ。

3は「自分を磨くこと」とも言えるね。これまで身につけてしまった世間的常識や本来不要な考え(ビリーフ)を、文字通り自分を磨いて綺麗にして、世間でよく言われている「価値」というものが、実は「自分」であることを思い出すこと。自己を肯定すること。

そうして「自分の好き」を行動に移し、発信していくことが価値(=自分)を高めることになり、結果的に自分を尖らせることになる。

R1008127

「自分の好き」をビジネスに

僕のようにフリーランスとして生きるなら「自分の好き」をビジネスにして楽しまないとね。これ必須。

「自分の好き」をビジネスに繋げるにはテクニックが必要。学校で稼ぎ方を学んでこなかったんだから学ばないといけない。

例えば「自分の好きをやる」ための心のあり方を整えたり、それを必要な人・層に届けるためのやり方というもの。

だから僕は今、立花岳志さんと大塚あやこさんが提供する「ツナゲル ライフ インテグレーション講座ビジネス2期」を受講しています。フリーランスフォトグラファーを加速させるために、幅を広げるために。

本記事執筆時では第1講が終わったばかり。あと4ヶ月間で自分がどう化けていくのか楽しみです。

【ポートレイト撮影の募集 in 関東(8月10〜25日)】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。本期間中の出張エリアは関東圏内に限ります(都内、横浜など)。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。