【TLIビジネス第1講】「未完了の感情」と「無理くり頑張っている自分」に気づく

2期ツナゲル・ライフ・インテグレーション講座ビジネスで自分を加速

2018年9月から2期TLI講座ビジネスを受講してます。

心という「あり方」と行動という「やり方」を両輪で実践していく、月2日間 x 5ヶ月連続のボリューミーな講座。

昨年(2017年)岡部明美さんのLPL11期(2日間 x 6ヶ月 + 3日間)を受講して、たっくさんのことを経験してきた。そのプロセスで「僕の本来の力を思い出す」という体験もしてきた。その力は今でも僕の中心にある。

 

心の探求ってのはまぁ生きている間は続くもので(苦笑)、LPLを連続受講する方もいるし、折を見て再受講する方もいる。LPLの認定カウンセラーになるべく修行する方もいるし、その他の心理系の修行をする方もいる。

みなさん思い思いに生きてゆくのよね。それでもいいと思う。

でも、僕は昨年培った「あり方」をベースに、自分のビジネスを上昇させると決めてたから、TLIビジネスを受講することにした。

 

TLIは「あり方」と「やり方」をMixしているのがポイント。2つとも大切。それは肌感覚でわかる。(ところが、最近になって第3のキーがあることを立花さんは発見したそうです、めちゃくちゃ興味ある)

やっぱ「自分の好きをやる」ことで豊かに生きたいじゃん。

それはフリーランスフォトグラファーを加速させることかもしれないし、もっと他のことで幅を広げることかもしれない。

それを仲間とともに自ら感じて・考えて・開いてく。進化と深化。そんな5ヶ月間がスタート。

GR032808

心がメインの第1講

第1講はエニアグラムやビリーフの話や講師によるビリーフリセットの公開セッションなど。

公開セッションはもちろんクライアントご本人のクリーニング・クリアリングになるんだけど、クライアントと自分を重ねてみると気づけることがある。その場にいるだけでも学べるから僕も真剣。

 

僕はエニアグラムを2013年くらいから学んでいて、昨年はLPLでがっつりやってきた・・・つもりでも、まだまだ深められることはあるな〜が正直なところ。

心の探求に終わりはない、というとどうかな?

どんなステージにいても不安や問題って出てくるでしょ。でも、それって実は本人が「これは不安」「あれは問題」と感じているだけ。だから、自分と不安とのうまい付き合い方、つまり「共生の方法」がわかれば、日々やりたいことをやって生けてゆける、と僕は思ってる。

「あり方」が大切ってのはそういうこと。

GR032809

第1講で気づいたこと

  1. 未完了の感情が見つかった
  2. 無理している自分に気づかせてくれた(同期に感謝)

(1)未完了の感情

未完了の感情ってのは、例えば小さい時に

「本当はこうしたかったよ」
「本当はこう言いたかったの」

という感情を我慢して心の奥にしまいこんだもの。でもね、しまったからって消えることはなくて、黒いものが熟成されてしまうのが感情なんだよね。

それを放っておくと、今の自分に悪影響が出ることがある。できることなら解放した方がいい。

 

で、初日の懇親会のとき、何気ない会話から「キラリン!」と僕の中の何かを直感された大塚あやこさん。「これかもしれないね〜」という一言で「あ〜、それっす」と気づいちゃった。

それは「怒りなどの感情を素直に出せてなかった」自分。

僕はまぁまぁまぁ我慢して生きてきちゃったのね。誰に強いられたというものではなく、「自分の身を守るために、自分にとってはそうやって生きるのがルール」のように認識してしまっただけ。

それが見つかった。しかも数日してから「それ、マジである」と実感できたからね。いっときは謎のイライラに苦しめられた。イライラに囚われて何もできなくなっちゃった。

こういう時はもう心が解放を欲しているとき。
いい加減「その方向は違うよ!」と教えてくれているとき。
問題や課題ってそういうことを教えてくれる存在だから。

解放するのはそれほど難しくなくて、「あの時言いたかったことを今の自分が存分に感じてあげて、言い放ってあげる」だけでも効果はある。実際に声に出してみるのがいいね。今度やってみよ。

(2)無理してる自分がいた

我慢とつながるかもしれないけど、僕、昔っからがんばっちゃってたんだよね。「がんばる教」ってやつだ。

がんばるのは別に悪いことじゃないけど、不安がベースにあるがんばりはデスロード。ゴールはない。本来の自分にとって意味のない方向に「も」かんばって消耗してしまう。

というように、第1講でも謎に無理してがんばってたみたい。

うまく言葉にできないんだけど、参加者に対して頑張っていたのかな。2日目の懇親会のときに同期が気づかせてくれなければ「な〜んかモヤモヤする」感覚がなくならなかったと思う。本当に感謝。

気づけた時・僕の心の内を吐露できた時・それをみんなが聴いてくれた時、思わず泣いちゃったもん(笑)でも、だからこそ第2講からはリラックスして学べる。

男だって泣いていいんです。
我慢する方が心身によくない。

そうそう、その日以来僕は「がんばる」という言葉は使わずに、「ゆるく行く」を信条にしてる。

GR032810

まとめ

「あり方」がメインの2日間だったけど、もちろん「やり方」に関するディスカッションもあった。

でも、根底は「やり方」を制限してしまっている「あり方」の方に課題があったりする。「やりたいのに、なぜかできない」という類のやつ。僕もフリーランスをやってきてそう感じる。

こういう講座に惹かれる人は、多かれ少なかれ「心」に関心や課題を感じていると僕は思う。「もしかして心って大事じゃないか?」と気づいちゃった人とも言える。意識的にか無意識的にかはわからないけどね。

そういう人がいてもいいし、心のことを知っている人がこれからの時代は求められると思う。

「あり方」と「やり方」の両方を突き詰められるTLIビジネス、これからも楽しみ!

GR032806

掲載した写真は講座中のおいしいランチ弁当をRICOH GRで

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします