本物の甘酒っておいしい!〜信州松本・善哉酒造の甘酒〜

甘酒っておいしくないもの、と思ってました。

でも、先日松本で行われたイベント「まちあるき@裏町」の際に立ち寄った善哉酒造株式会社で、生まれて初めて「甘酒っておいしい!」という衝撃を味わってね。

僕の中で甘酒というと、小さいころ「ごーん、ごーん」と除夜の鐘が鳴る頃に神社でいただけるもので、おいしいとは全く感じなかったんですよ。

IMG_0216

ところが、聞いてみると甘酒には2種類あって、

  • 麹を発酵してつくったもの
  • 酒粕に砂糖を加えたもの

「ごーん、ごーん」の甘酒は後者だとか。対して、善哉さんちで取り扱っているのは前者。めちゃくちゃおいしい!麹ってすごいね!

こちらのお店にある「平成の名水百選」に選ばれた「まつもと城下町湧水群」を使っているもの、その美味しさの秘訣でしょう。

IMG_0213

冒頭の写真は善哉さんちで買った甘酒です。1本650円(当時)。試飲もできます。

甘酒には美肌効果や整腸効果、ビタミンB群も豊富で「飲む点滴」なんて言われてるんですね。これまで甘酒に興味なかったから、聞いてびっくりです。これから朝晩で100mlずつ飲んでいきます。

IMG_0214

こちらの女将さんはとても気さくな方で、たくさん試飲させてもらっちゃいました。トークがうまいっす(笑)

また、女将さんには「湧き水もってっていいよ〜」と素敵なお言葉もいただいたので、今度コーヒーを淹れるためにいただきに上がるつもり。楽しみです。

IMG_0224

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします