ポジティブでいる在り方を身につけるために口癖を意識する

自分を気にかける=自分を尊重する

自分がふだん使っている言葉。口癖。それがその人の持つ前提であり、価値観であり世界観。そして、ビリーフを見つける鍵。

口癖は無意識に行っているからこそ口癖。顕在意識はあまり関わっていないと思う。

自分のワクワクをみつけるために「心の声を聞いてみましょう」と言われることがあるけれど、難しいと思う人はまず自分の口癖を聴いてあげるのが良いんじゃないかな。

それが「自分が自分を気にかける」ということ。それが「自分を尊重する」ということ。

そもそもとして、自分が自分を尊重してあげなくて、誰が尊重してくれるんだろう?

だから僕は自分の口癖(特にネガティブ系)を気にしていこうと思う。相方さんにときどき「ねぇねぇ、普段の僕、なんて言ってる?」とチェックしてもらってもいいね。

自分が勝手に制限しているエネルギーを解き放つ鍵にもなりそうだし、なにより僕が僕を尊重したいから。

IMG_3621

ポジティブの在り方へ

ネガティブ系の口癖に気付ければ、意識的にポジティブ系に変換することもできるよね。

たとえば「どうせ無理」が口癖だとしたら、「どうせ運がいいし大丈夫!」と置き換えるだけでエネルギーが湧く。量子力学的に現実は良い方向に動き出す。

そういう在り方でいるとさ、日々起こることの中から「快」なものだけ見分けることができると思うんだ。

どんなことにも良い面と悪い面が同時に存在しているのが世の常。視点をずらすだけで解釈を変えられるからこそ、自分が受け取ること、自分が発すること、人に伝えることもできるだけ「快」がいい。「快」でいたい。気分がいいから。

写真を撮るときはね、僕は「わぁ、すごい!」「そこ素敵!」という「快」な核心に着目します。そこを感じたときに、僕はシャッターを切ってる。

こうしてポートレイト撮影させていただいた皆さん

だから口癖から変えてゆき、快センサーを磨き続けていきたいんだよね。

もちろん、これまでもそういう意識でいたけれど、さらに口癖にも気にかけてあげていくのです。

IMG_3626

※記事中の写真は相方さんに撮ってもらいしました。兵庫に移住してからはじめてふたりで信州へ旅行したときのヨウス。この湖は長野県大町市にある中綱湖(1〜2枚目)と青木湖(3枚目)で、僕の好きな場所です。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします