Blender|Intel製AIノイズ除去機能「Intel Open Image Denoiser」を試す

20190829_0

長い期間かけて開発されたBlender 2.80がリリースされて程なく、2.81の情報が出始めました。今ホットなのは「Intel Open Image Denoiser」でしょう。

CyclesレンダーはSample数を増やすと綺麗な画像が生成されますが、レンダリング時間が増大します。逆にSample数が少ないとノイズだらけの画像になります。

Blenderにはもともとノイズ除去機能は搭載されてますが、Intelのノイズ除去性能は群を抜いているとのこと。

ということで、Blender 2.81デイリービルド(2019.8.28版)をダウンロードしてデノイズ性能を試したところ、たしかにすごいです。

※Blender2.81は現在開発中のため、今後仕様変更の可能性はあります。

設定方法

Intel Open Image Denoiserを有効にする手順は2つ。

  1. View Layerの「Denoising Data」のチェックボンクスをON
  2. Conpositingで「Denoiseノード」をつなぐ
20190829_1
View Layer → Passes → Data → Denoising DataをON

すると▼Render Layersノードの項目が増えます。

20190829_2

上図ではあれそれとノードをつないでいますが、最終的にRender LayersノードとDenoiseノードを以下のようにつなげばOKです。

  • Noisy Image → Image
  • Denoising Normal → Normal
  • Denoising Albedo → Albedo
20190829_3
上図ではNoisy Imageがいろんなノードを経由してDenoise側のImageにつながっている

Intel Open Image Denoiserのレンダリング結果

以前Sample300でレンダリングした以下のシーンにIntel Open Image Denoiserを適用します。

my5_dof-world-re4

Sample10/レンダリング17.74秒

20190829_4
左:元画像 / 右:Intel Open Image Denoiser

キラキラ・テカテカ感を増強しているシーンだからでしょうか、Sample10ではイマイチでした。

Sample80/レンダリング31.58秒

20190829_5

(左:元画像 / 右:Intel Open Image Denoiser)

うん、いい感じです。むしろノイズ感が減って好ましい結果になりました。

レンダリング結果を比較します。

Sample数レンダリング時間
元データ30072秒
Intel Open Image Denoiser8031秒

うん、こちらもいい感じです。

AIを有効活用することの恩恵は素晴らしい

Intel Open Image DenoiserやAdobe SenseiのようなAIを活用して利便性を増すような動きが活発だなぁと思います。

僕はPythonをやっているので、AIや機械学習などの言葉はけっこう身近に感じます。とはいえ、個人的にAIを開発したり、活用したりはしていませんけどね。

なんていうのかな。

過去のデータや学習したデータなどを有効活用することで、BlenderやAdobeのようにコンピューターに任せられる部分は多いに任せて、僕ら人間は表現することに集中できる。

これって人間だからこそできることにもっと注力できるわけですよね。

そういう視点でテクノロジを見ると、「AIに限らずテクノロジは素晴らしいものだな〜」と思うのでした。

余談:Denoiseノードの設置場所を変えたら?

今回の検証のように、Denoiseノードを最終出力手前ではなく、Render Layersの次に設置して、そのImageをもとにコンポジットしたらどうなるか?

結果は画質に大きな差はなく、レンダリング時間も誤差程度でした。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。