人生の時間は有限

DSCF1655

今日は自分でも意外に感じるほどのショッキングなことがありました。それをキッカケに気付いたことがありましたので、それを綴ります。

明るい話題ではありませんが、この気持ちは残しておきたい。うん、これはたぶんいつも以上に自分のためですね。

[adSensecode]

とあるクリエイターさんの訃報

個人的に、そのモノづくりの姿勢や考え方に、以前から(大学生のころからだから17年くらい前)ファンのクリエイターさんがいます。

昔からMacを使って、楽しく面白いモノをクリエイトしまくっている方で、すごく興味を持っていました。まだ40代の方で、いまもなお精力的に活動されているものと思っていました。

DSCF1580

ところが、本日ふとFacebookをみたら、その方がお亡くなりになっていたことを知ったんです。

僕は、その方の作品を集めたりはしてないにわかファンですが、その作品に「ぷぷっ」と笑いをもらって癒されていましたし、楽しませてもらいました。そして、良い意味で呆れさせられたりも。「えぇ!なにそれww」の様に。

だからなのか、にわかファンとはいえ、このことを知ってちょっとありえないくらい脱力したんです。マジかよ、と。

DSCF1617

40代ってことは、僕と10歳も離れていないんですよ?

まだまだなんですよ?

それでもヒトというのは、逝ってしまうときは逝ってしまうもんなんだなぁと。

幸い、僕が社会に出る年齢になってから、僕の身近な方が亡くなった経験は多くありません。だから、逝くときは逝くということはまだ知識としてあるくらい。

ただ、今回感じた「脱力感」から改めて「あぁ、そうなんだな」と実感したんです。

DSCF1654

「生きてる」ってだけで実はすごいことなんじゃない?

人生の時間は有限です。これは抗っても抗えない事実です。回避不可。

とすれば、

いま生きていることの意味。
いま生かされていることの意味。

これって実はすごくありがたいことなんじゃない?

この「ありがたさ」を「あって当たり前」として日々淡々と生きるのではなく、いまココを、自分の人生を、本当に全力で生きなくて良いんですか?楽しまなくて良いんですか?

こんな疑問が自然と湧いてきたわけですよ。

DSCF1662

いや、絶対に全力で生きた方がいい。絶対に楽しんだ方がいい。そうでしょ?

だったら、そう生きようよ。楽しもうよ。

これはもう、「そう」と決めようよ。

DSCF1665

と、そんなことを考えさせられた出来事でした。

少なくとも、日々感謝はしていいですよね、生きているってことにさ。

最後になりましたが、秋元きつねさん、ご冥福をお祈りいたします。

DSCF1671

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします