人生の時間は有限

今日は自分でも意外に感じるほどのショッキングなことがありました。それをキッカケに気付いたことを綴ります。

明るい話題ではありませんが、この気持ちは残しておきたい。うん、これはたぶんいつも以上に自分のためですね。

とあるクリエイターさんの訃報

個人的に、そのモノづくりの姿勢や考え方に、以前からファンのクリエイターさんがいます。大学生のころからだから17年くらい前かな。

秋元きつねさんです。

昔からMacを使って、楽しく面白いモノをクリエイトしまくっていて、すごく興味を持っていました。まだ40代の方で、いまもなお精力的に活動されているものと思ってました。

ところが、本日Facebookをみたらお亡くなりになっていたことを知ったんです。

僕はきつねさんの作品に「ぷぷっ」と笑いをもらって癒されていましたし、楽しませてもらいました。そして、良い意味で呆れさせられたりも。「えぇ!なにそれ(笑)」の様に。

だからなのか、訃報を知っていちょっとありえないくらい脱力したんです。マジかよ・・・と。

40代ってことは、僕と10歳も離れていないんですよ?

まだまだなんですよ?

それでも人は逝ってしまうときは逝ってしまうもんなんだなぁと。

幸い、僕が社会に出る年齢になってから、僕の身近な方が亡くなった経験は多くありません。だから、逝くときは逝くということはまだ知識としてあるくらい。

ただ、今回感じた「脱力感」から改めて「あぁ、そうなんだな」と実感したんです。

「生きてる」ってだけで実はすごいことなんじゃない?

人生の時間は有限です。これは回避不可。とすれば、

いま生きていることの意味。
いま生かされていることの意味。

これって実はすごくありがたいことなんじゃない?

この「ありがたさ」を「あって当たり前」として日々淡々と生きるのではなく、いまココを、自分の人生を、本当に全力で生きなくて良いんですか?楽しまなくて良いんですか?と思います。

絶対に全力で生きた方がいい。絶対に楽しんだ方がいい。

だったら、そう生きようよ。楽しもうよ。

これはもう、「そう」と決めようよ。

そんなことを考えさせられた出来事でした。

少なくとも、生きているってことに日々感謝はしていいですよね。「ふつう」ってすごいね!

最後になりましたが、秋元きつねさん、ご冥福をお祈りいたします。今までありがとうございました。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。土日祝日OK!ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。