可能性の開閉と信じる力の効果

可能性をひらくことも、とじることも自分次第です。

他者の言動やまわりの環境は、良いも悪いも心身にものすごく影響を与えてきます。良い影響なら追い風になってくれますが、悪い影響なら可能性の開閉をかなり左右することになるでしょう。

それでも「可能性の開閉」を決める(あるいは選択する)のは自分なんです。

大切な人が「可能性の開閉」を迷っているとします。できることなら手助けしてあげたい、とあなたは思うでしょう。

でも、あなたにできることって、(アドラー心理学よろしく)やっぱり水辺に連れて行くまでだったり、そこまで一緒に行くことくらいなんですね。(決めるのは本人だから)

「水辺に連れて行く」をわかりやすくいうと、僕は「信じること」だと思います。

  • 「開いても開かなくても大丈夫だよ」「できる、その力は備わっているよ」と信じる
  • 「〜になってほしい」や「〜してくれるだろう」という期待ではなく、その人の今をただ信じる
  • 何かあったら助けるよ、話を聴くよ、方法を教えられるよ、と気にかける

こんなふうにね。(もちろん、あなたができる範囲でできることをやるのが前提です)

だから、今もし大切な人に親身になっているのに、なかなか改善しているように見えない(とあなたが勝手に感じている※)としても、きっと大丈夫です。

あなたが信じてあげたり、気にかけてあげるだけでも充分チカラになれているものだから。

※このパターンの場合、あなたが自分自身を信じられていないこともあります。なぜなら、自分を信じられていない人に、他者を信じることは難しいからです。こういうときは自分の内側を見たり聴いたりしてあげると何か発見があるかもしれません。

アドラー心理学の名著

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。