自分には2つのパターンがあります。

  • 内側から力が湧き、いろんなことがやりたくなる精力的なターン
  • 「まぁ、今はよくね?」って上記とは真逆のターン(インプットしたいのか、目的もなくお写ん歩したいのか、スローでいたいのか)

DSC_1904

切り替わるきっかけはわからない。

けれど、だいたいにおいて後者ターンのときに前者ターンでやろうとしたことをやっても燃えない。詳しくはかってないけど時間はかかるし、質もソコソコのような気がします。

同様に、前者ターンのときに後者ターンで過ごそうとすると妙にそわそわしちゃいます。落ち着かない(笑)

DSC_1914

以前の僕は「後者ターンのときに前者ターンになってはいけない!しっかりしなくちゃダメ!」と自分にNGを出していました。けどさ、そもそもイヤなもんはイヤなんだから、なるべくやらないのが本当はいい。そのターンに合ったことをやった方が絶対にいい。

かんたんに言うと、流れに乗る感じ。逆らわずたゆたう感じ。

そうすると「おぉ〜」と予想していなかったようなことが起こります。もちろん、何も起こらないこともあるけど、心穏やかには生きられるね。

DSC_1912

また、何かの拍子で「怒」となった場合、「いやいや、いい大人なんだから、”怒”なんてダメよ」なんて頭で考えたり、「怒」に支配された自分をあとで責めたりしてしまいがちだけど、こういうときは自分を俯瞰して「あ〜、いま”怒”ってるね〜」とただ感じてみる。

ときにはモノに八つ当たりして(笑)、ひとしきり感じ切ると、これまた「おぉ〜」ということが起きたりします。

DSC_1918

今、僕はそんな世界を生きています。まだスタートしたてですけどね。

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします