自分の「静」と「動」のパターンには素直に流されよう

自分には2つのパターンがあります。

  • 内側から力が湧き、いろんなことがやりたくなる精力的なターン
  • 「まぁ、今はよくね?」って上記とは真逆のターン(インプットしたいのか、目的もなくお写ん歩したいのか、スローでいたいのか)

DSC_1904

切り替わるきっかけはわからない。

けれど、だいたいにおいて後者ターンのときに前者ターンでやろうとしたことをやっても燃えない。詳しくはかってないけど時間はかかるし、質もソコソコのような気がします。

同様に、前者ターンのときに後者ターンで過ごそうとすると妙にそわそわしちゃいます。落ち着かない(笑)

DSC_1914

以前の僕は「後者ターンのときに前者ターンになってはいけない!しっかりしなくちゃダメ!」と自分にNGを出していました。けどさ、そもそもイヤなもんはイヤなんだから、なるべくやらないのが本当はいい。そのターンに合ったことをやった方が絶対にいい。

かんたんに言うと、流れに乗る感じ。逆らわずたゆたう感じ。

そうすると「おぉ〜」と予想していなかったようなことが起こります。もちろん、何も起こらないこともあるけど、心穏やかには生きられるね。

DSC_1912

また、何かの拍子で「怒」となった場合、「いやいや、いい大人なんだから、”怒”なんてダメよ」なんて頭で考えたり、「怒」に支配された自分をあとで責めたりしてしまいがちだけど、こういうときは自分を俯瞰して「あ〜、いま”怒”ってるね〜」とただ感じてみる。

ときにはモノに八つ当たりして(笑)、ひとしきり感じ切ると、これまた「おぉ〜」ということが起きたりします。

DSC_1918

今、僕はそんな世界を生きています。まだスタートしたてですけどね。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。