「人を信じる」ってとても難しい。

なぜなら、それは「一切合切ジャッジしない」ということだから。

他者を信じることは、結局は自分の内を見ることになる。

自分自身をジャッジしないから、他者もジャッジしなくなる。
自分自身が信じられるから、他者も信じられる。

そういうこと。

だから、やはり自分の内なんだ。
自分を信じることなんだ。

XH1S0551

自己肯定感を高めることも自信に繋がる。
簡単にはいかないかもしれない。でも、コツコツと心のお稽古をして高められると僕は思ってる。

例えば、湧いてきた感情をただ受け入れる。

いま楽しいね。
いま悲しいね。
いま嬉しいね。
いま怒ってるね。

それらの感情を「いま〜〜だね」とただ感じること。

そのとき

いま悲しいね → 悲しむなんてダメだ、男だし。
いま怒ってるね → こんなときは怒っちゃダメだ、大人なんだし。

と抵抗したらだめ。後半部分がジャッジそのもの。

そうやって自分が自分に気付いていくことはできる。

 

ちなみに、「ジャッジしない=無関心」ではありませんよ。

愛の反対が無関心であるように、信じるという行為からはかけ離れていますからね。

XH1S0549

ジャッジせず自分を信じる。これは写真にも言える。

他者の写真がすごすぎて「ぐぬぬ」と感じてもいいけど、ただそれだけでいいよね。
嫉妬してもいいよ。でも、それだけでハイおしまい。

僕は僕の写真を撮る。
僕は僕の写真しか撮れない。

僕が楽しいから撮る。
お客さんに喜んでもらいたいから撮る。

そんな志でもいいと思って撮る。
そんな志でもいいと思って接する。

「どうせうまくいくし」ということにして取り掛かってもいい。

ぐぬぬや嫉妬をしたら「それで僕はどうしたいの?」と問いかける。
出てきた感情や答えを受け入れる。

学びたいなら学べばいい。
もっと上手くなりたいと思ったら練習すればいい。
撮影術や機材のことを調べたり、声がけなどのコミュニケーションを追求したり。
これが健全。

そういうコツコツ経験すべてが自信につながります。

そんな僕がどんな風に接して人の空気感を撮るのか、知りたい方はこちら

フォトセッションの詳細は
コチラからどうぞ

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします