あきらめる

「そっか、僕はこんなもんだな」
「そっか、こんなんでも私だもんね」

がんばる教をやめるには、自分に諦めることがスタートだと僕は思う。

諦めるとは「明らかに見る」ところから来ている言葉で、ぜんぜんネガティブじゃないし。

できる・できないの囚われ

「できる・できない」に囚われてしまうから頑張ってしまうのか?
頑張っているから(or しまうから)「できる・できない」に囚われてしまうのか?

両方あると思う。

「できる・できない」に対して、「許す、諦める、気にしない」というマインドになれたら、きっとがんばる教から足を洗える。

そもそも「そのできないこと」ってあなたがやることなのかな?

できないなら、できないでいーんじゃない?
そもそもやりたくもないことなら、できないことは「そりゃそーだよね(笑)」で終わるんじゃない?

自分の価値は自分で決めるもの

できないと「自分には価値がない・・・」と陥りがち。でもね、自分の価値は誰かが評価してくれたり、何かの世界的な基準によって決まるものじゃない。

違う。

自分の価値は自分で決めるもの。

 

椎原崇さんの本「うまくいったやり方から捨てない」にはこう書かれています。

自分の価値は自分で決めるもの。「ダメだな」と思う部分も「ここはいいな」と思える部分も、まるごとよしとすることか大切です。

「まるごとよしとする」という感覚は「私って全部素敵!」「俺ってサイコー」になるということではなく、どちらかというと「ま、これが私だもんな」という軽いタッチ。

いい自分、悪い自分というジャッジを挟まない、ニュートラルな感覚です。「これが自分だから」その感覚こそが、価値ある自分を認めるということなのです。

「さっさと自分に諦めて、認めてしまえ」と僕は受け取ってる。

奇しくも、上記が書かれている章のタイトルは「あなたらしさに降参せよ!」なんだよね(笑)

健全ながんばりで行こう

できる・できないに囚われてしまうと苦しいね。

そういう時は一歩立ち止まって、少し引いて自分を見てみよう。

自分は何に幸せを感じるんだろう?
自分は「(できない)それ」を本当にやりたいのだろうか?

と自分を自覚してあげて。

そして「興味があってやりたい」ということはどんどんやろう。やっていい。頑張ってもいい。

それが健全ながんばりだし、すごく楽しいことだよね。

IMG_4297

「うまくいったやり方から捨てない」には他にも自分を取り戻せる言葉がたくさん書かれています

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします