「自分を満たす」と怒りはなくなっていく。
満たすと怒りの入り込むスペースがなくなるから。

「我慢する」、これは自分を満たすこととは正反対。
怒るってことは、自分を満たせてないから八つ当たりしてるようなもの。

「イライラしてるな」と感じたら、充足バロメーターが減ってきてる。
そういうときは「ここ最近自分を満たしてたっけ?」と確認してみよう。

「あぃや〜、足りてないかも」と思ったら方向転換のとき。
なんでもいいから「今やりたい」と思ったことをやってあげよう。
自分が自分のために。

このとき

  • 時間がないから
  • お金がないから
  • 上司が!部下が!同僚が!お客さんが!

といったできない理由にフォーカスするのではなく、できる理由にフォーカスしてみよう。

何かしら見つかるんじゃない?
その中でできることからやればいい。
やってあげたら目一杯喜ぼう。楽しもう楽しもう。

もしそれでもないなら、その「ない」という現実を笑い飛ばしてあげよう。
だってないんだもん、しゃーないじゃん(笑)ってさ。

次の機会に延期すればいい。
責めない責めない。

自分を満たすと怒りはなくなっていく。
ゼロにはならないけれど確実に少なくなる。

だから

できることから、少しずつ自分を満たしてあげよう。

XH1S0143

っていう心理的なお話をしながら撮影することが多い僕です。

いつの間にか緊張も不安も解きほぐれたお客さんが素敵な表情になる。
僕が上述のようなあり方でいるから、そういう現実になる。

もちろんならないこともありますが(笑)

でもね、僕はそんなふうにオシゴト「してもいい」と思ってやってます。
ただ綺麗に撮るだけじゃないのです。

なんとなくピンっときた方は見てみてくださいな

僕は関西では神戸、京都、大阪、関東では地元横浜のある神奈川、東京周辺をメインにフォトセッションしています。

「なんなんだこの人?」といった類のピンっとでもいいので(笑)、お気軽にご連絡ください。

フォトセッションについて
詳しく見てみる

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします