誰かに応援してもらいたいとき、そもそも自分で自分を応援できてる?

エニアグラムタイプ6だからでしょうか、僕はできることなら

  • 人に応援してもらいたい
  • 人の同意が欲しい
  • 人の肯定が欲しい

と考えて・・・否、囚われてしまうことがあります。
常にではないですよ、念のため(笑)

でも、そもそもとしておかしいことに気づきます。
それらが欲しいならまず

  • 僕が自分自身を応援しろよ!
  • 僕が自分自身を同意しろよ!
  • 僕が自分自身を肯定しろよ!

宇宙の理として、自分が自分に与えないと世界からもそういうおもてなしは受けられません。

他者からもらおうとすることは「期待」になります。
期待は他者を(大体は無意識に)「コントロール」することになります。

参考:★Beトレ9月のテーマ「期待が問題を作る」&今日からLIVE会員募集! | 心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」

 

で、人には他者を変えられません。
自分以外にコントロールすることなんてできやしない。

ということは、他者からもらおうとすることは「基本的に」間違っている。

もちろん、僕のパートナーさん(エニアグラムタイプ2)のように無条件に思いっきり愛をくれる人もいます(笑)

そういう時はただただ感謝して受け取れば良いのですし、ときどき「言ってくれる?」と弱音をはいてお願いしてもいい。お互いに助け合うのはパートナーシップや人間関係を円滑にしますし、何より喜びになります。

 

というわけで

先に自分が自分に優しくしよう。
先に自分が自分に愛を分けてあげよう。

まずはそこからだよ。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします