松本の僕が住んでいる家の近くからの眺め。晴れていると遠くの山がくっきりと見える。こういうところを歩きながら最寄駅である南松本へ。

至福。

ウォーキング、ジョギングあるいは農家さん以外、歩いている人はほとんどいないため静か。というのは以前の記事にも書いたとおりね。

でな、今日はこんないい天気。

スッコーンと晴れ渡った空、雄大な山々を見ながら歩く。ちょ〜気持ちいい。そんなとき思ったんだよね。「人ってほんと、ちっぽけだな」って。

IMG_0521

こんなに壮大な自然。とにかくでかい自然。空だって遠いんだか近いんだかわからないほど澄んでいる。

それに比べて人は(物理的に)ちっぽけ。

だから、実はいま自分が抱えている「不安」や「恐怖」があったとしても、それもちっぽけなことなんだよね。そのほとんどはね。

もちろん、人によって感じ方の大小はある。でもさ、それをどう捉えてこれからを行くのか。それを選んでいるのは自分。

そう、選べるのは自分。自分以外にいない。

今そうなってしまったのは仕方がない過去。でも未来は無限だよ。わからないことだらけ。だからどれを選んでもいいだよね。豊かな未来だってさ。

IMG_0523

以前、 同様の話を書いたんだけど、やっぱ僕は今も「そう」思っているってことだね。

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします