知らないことでもコツコツと手を動かせば「確信」に変わります

ようやく「自分用のPython環境」が整いました。やっとこさ、Pythonを楽しんでいくターンに入ります。

▶︎参考:Python3 で OpenCV3 と PyOpenGL を使う方法【Anaconda3 on macOS】

 

これから何をするか?ひたすら手を動かします。

大きいやりたいこと(ゴール)を小さいゴールに細分化してコツコツとやっていく。1つ1つの「わかった」を積み上げていけばやがて、「これでいいんだ」という「確信」に変わります。

手を動かしたからこそ「確信」へ

環境設定、その方法は蓋を開けてみたらなんてことはなかったんです。すごくシンプル。

でも、そこにたどり着くまで自分なりに調べ、手を動かし、それぞれの機能差を理解した上で自分に合うモノがわかった。

「確信」に変わったから、(気がつけば)「なんてことなかった」と思えるんです。

 

 
スポンサーリンク

 

知らないからこそ手を動かしていく

ようやく「Pythonをどう活用するのか」、そのアルゴリズムやテクニックの領域に突入です(というと大げさですね)。もちろん基礎も知らないことは山ほどありますから引き続き学習です。

これからどの機能(ライブラリだけでなく学術的知識など)をどう組み合わせて、自分のやりたいことを実現するか、そのチャレンジです。

 

DSC_3604

 

とはいえ、僕の経験はまだまだ。何をどう組み合わせていくのがベストなのか、そもそもどんな「ナニカ」があるのか。その選択や判断すらできない。また、自分でコードを書いた量も先人のコードを読んだ量も少ない。

でも、そういうのはこれからコツコツと学んでいけばいいだけ。環境設定を達成したときのように。(← 僕にとっては小さな「ヤッタァ!」なんです笑)

また、Pythonだけではない技術も必要になるでしょうね。とはいえ、「1言語しか知らないのは危うい」と教わりましたからむしろ好都合。必要なものは手を出していきますわ。おぉ大変だ。

 

DSC_3607

 

おわりに

IT企業に勤めていたときも数年間関わったからこそ、システムの中の動きがわかってそれに適するように組んできた。それと同じことを自分の意思でやっていくワクワク。

というわけで、自分が催している「Pythonもくもく会」も、そういう時間に本気であてていきます!

 

DSC_3605

 

告知!

 

そんなわけでコツコツと経験値を積むために「Pythonもくもく会」を松本市のコワーキングスペースKnower(s)で開催します!

▶︎【長野・松本藩】第4回 Pythonもくもく会 – connpass

  • 日時:2017年4月16日(日)14:00〜17:00
  • 場所:長野県松本市のコワーキングスペースKnower(s)
  • 参加費用:500円
  • 持ち物:PC、書籍など各自の勉強に必要なもの

一緒にもくもくすることで刺激になります!是非ご参加ください!

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で