今やパソコンによる現像やレタッチを含めて写真表現の時代。そのテクニックは大切だけど、まずは写真そのものをいかに撮るかがちょ〜大切。

ではどう撮るか?

点を意識する

「あ!撮りたい!」と感じたときに「ここがいい」というポイントを1つ見つける。有形無形なんでもいい。そこをロックオン。そこを撮る。構図はそのあと。

そのポイントはあなたの「好き」です。

「好き」を撮るから気持ちが乗る。心がこもる。結果、伝わる。そういうもの。僕はそう信じて写真を撮ってる。

点とは「極小のそこ!」でもいいし、広い空の「ある一部分」でもいい。例えば雲の形など。とにかく自分が「ここがいい」と感じた1点を意識するといいですよ。

 

DSC_1224

 

点をどんどん撮る

だからね、写真が上手くなりたかったら「今」好きなものを撮りましょう。

「今」好きなものならたくさんあるでしょ?特に難しことなし。そこをどんどん撮りましょう。お子さんがいるならお子さんを、恋人がいるなら恋人を、パンが好きならパンを、仏像が好きなら仏像を。

点を日の丸構図にしたって全然オッケーです。

 

ここでワンポイントアドバイス。

いかに好きでもね、毎回撮ってたら飽きます(笑)そんなに頑張る必要はなくて、撮りたいと思った時に撮ればいいんです。そうやって気分を変えていきましょう。コツコツとね。

 

DSC_1227

 

おわりに

自分の好きなことや「わぁ!」と感じたことってSNSでシェアしたくなるじゃないですか。教えたいし伝えたいわけですよね。

写真もそれと一緒。自分が一番惹かれた1点(教えたいポイント、伝えたいポイント)を撮れば伝わります。

 

ブログ書く方ならこの感覚わかっていただけるかと。なぜならブログも一緒だから。だって、自分が伝えたいという点に絞って記事書くじゃないですか。ほら、ね!?

 

DSC_1232

 

僕はこんな心持ちで人物も撮っています。その場合の「点」はその方そのもの。

僕に依頼してくれる方は僕の写真(など)に期待して依頼してくれるわけですが、そもそも僕の写真感が好みでないと依頼されないと思うんですよ。その多くはね。

だから、依頼してくれた方は自然と僕も好きになっちゃいます。だから、その方そのものが「点」なのです。

というわけで、

僕の写真感に何かを感じてくれて、なおかつ「今そのタイミング」とお考えでしたらご依頼いかがでしょう?
▶︎撮影メニュー : Portrait – Takashi Q. Hanamura Photography
▶︎撮影メニュー : Photo Shooting – Takashi Q. Hanamura Photography

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします