Pythonを使ってBlenderの物理シミュレーションをやってみた

スクリーンショット 2017-12-20 14.31.06

 

松本市のコワーキングスペースKNOWERSで月に1回、「Pythonもくもく会」を開催していて、最近の僕はBlenderとPythonを組み合わせて遊んでいます。

今回は物理シミュレーション。環境はmacOS High Sierra 10.13.2 + Blender 2.79です。

 

BlenderにはPythonが組み込まれており、「Cubeを作る」や「Cubeの名前を取得」なんかがプログラムを通じて操作できます。

組んだプログラムはTerminalかBlender内のコンソールから実行できます。Terminalから実行するためにはbash_profileにaliasを追加しておくと楽。

alias blender=’/Applications/blender/blender.app/contents/MacOS/blender’
source .bash_profile(bash_profileの反映)

すると、Terminalでチョチョイとできるように。

blender –python hogehoge.py
blender –background –python hogehoge.py(バックグラウンド実行)

 

さて、本題の物理シミュレーション。参考にさせてもらったサイトはこちら。
▶︎参考:Blenderの物理シミュレーションをpythonスクリプトで作成 – 株式会社CFlatの明後日スタイルのブログ

チコっとソースを変更したのがこちら。

18行目からコメントアウト含め3パターンあります。pattern1は剛体のシミュレーション。pattern3が柔体シミュレーション。柔体シミュレーションは

bpy.ops.object.modifier_add(type=’SOFT_BODY’)

を追加して「Cubeたちよ!君たちは柔体だ!」と定義してあげるだけ。

詳しく調べていませんが、柔体用のパラメータはたくさんあると思います。上記1行ではおそらくデフォルト値が設定されるのではないかと思います。

 

 

 

おわりに

Blenderは3DCGアプリ。本来はマウスであれこれやって作っていくもの。でも、Cubeを1000個並べるような単純な繰り返しはスクリプトを組んで実行させた方が楽。モディファイアを使ってもできそうですけどね(笑)

もちろんそれ以外にもスクリプトが効果的なシーンはあるでしょう。

いろんなことができるアプリが(基本)無料で使えて遊べる楽しい。とてもありがたいことですね。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。 僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。 詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で