過去の投影から自分の本音を知り、心のブレーキを外していく

Facebookを見ていたら心理学用語の「投影」をよく目にします。友達各位も自分を見つめているご様子。

そんな僕も自分の内と向き合っていてさ。

過去の出来事に僕はどんな投影をしていたかなぁと振り返ってみたら、自分の本音と、自分にブレーキをかけている元凶に気づきました。あぃや〜。

シャドウの投影

IMG_2417

自分が無意識に禁止していることを他者に見る投影。自分にはできない「それ」を他者は悠々とやっている。だからモヤっとする。その「モヤっと」の奥を見みてみると分かることがあります。

それは「あぁ、俺、本当はあれやりたかったんだなぁ」ってこと。

禁止していることは、実は本当は自分もやってみたいことだったりするからね。

シャドウの否定からの気づき

IMG_2416

僕はシャドウを否定して生きてきた。「〜〜はダメ」という価値観で生きてきた。

否定した世界が僕にとっては正だから、その世界を経験し続けるために、僕はとんでもない力で自分にブレーキをかけていたんです。

例えば、「〜〜したら、〜〜しなくてはいけない」、「〜〜は〜〜でなくてはいけない」という自分ルール。自分縛り。

直近の迷いでいうと、「一度買ったガジェットは壊れるまで使い続けなくてはいけない」かな。「まだ使えるんだから買ってはいけない」や「買ったからには使いたおさなくてはいけない」もそう。

「使いたおす」って曖昧な基準だよね。それに、これ我慢の世界だよね〜。も〜アホかと(笑)

ブレーキをゆるめよう

IMG_2415

そのブレーキをゆるめたい!

どうしようか?

  • 抑えていることに気づいてあげる
  • 「本当は〜〜したかったんだなぁ」と自分で自分に声をかけてあげる(心の中でもOK)
  • 自分のあらゆる欲に素直になる

つまり「認めてあげる」ことだと僕は思う。「あ〜、そうだよね、そうだよね〜」とゆるくていいから認めてあげる。

おわりに

IMG_2410

自分でもびっくりするくらい凄い力でブレーキかけてますね。

その力をいきなりゼロにすると反動もすごそうだから、前述の「認めてあげる」ことからコツコツとやっていきます。

ことあるごとに認めてやるね。「1」の自分ではなくて、認めてあげて「1.01」の自分を常にキープ。「1.01」の自分を複利的に育てて行く。

そうすりゃいつかそのブレーキもゆるゆるのゆるゆるになるでしょうよ。

 

[追記] 1.01のイメージがしやすいように詳しく書きました
►参考:2018年を劇的にゆるく成長するために僕がやること

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・4月、5月としばらく関西にいます。ご依頼お待ちしています!

【関東エリア】
・未定ですがご要望とあれば伺います

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。