モヤモヤをスッキリさせる方法は「言語化」すること 〜人と話そう〜

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

R4003396

2015年7月末、サラリーマンを卒業して半年が経とうとしています。失業保険があったり、周りの助けがあるとは言え、けっこう生きられるものです。写真関係のお仕事やブログのレクチャをして、自分で稼ぐということもヨチヨチと歩き出せているところです。

そんな経験をしてきたこの半年間で「自分の心の傾向」がつかめてきました。

 
スポンサーリンク

緩やかな右肩上がりではある

人間、どうしたって浮き沈みはありますよね。ただ、僕の場合はアップしてダウンして、またアップする。この2回目のアップでは平均値が上がっている感じ。3歩進んで2歩下がるイメージ。非っ常〜に緩やかな右肩上がりです。

2回目のアップができる理由は様々。本を読んだり、SNSやWebから情報を得たり、人と話したり。ダウン状態の僕がインプットをすることで、新しいアウトプットが得られたり、 改めて気付かされたりしてアップを果たします。だから思うんです。

ダウンがあるから、人は成長できるのだと。
アップもダウンも人間に在ってイイモンなんだと。

ただね、自分でできることにはやっぱ限界があって、「どーして良いか分からないモヤモヤ」、「 どう吐き出していいか分からないモヤモヤ」というものは解決しにくい。

そんなことをFacebookでつぶやいたら、「傾聴」を得意とし、いずれカウンセラー方面に進もうと修業中の友達が「話を聞くよ」って言ってくれました。ってことで、ありがたく内緒話をしてきましたww
その友達は、岡部明美さん主催のLPL養成講座を受講中の方です。

R4003397

答えは自分の中に在る

以前、(現)NLPトレーナーの西村純一さんのNLPコーチングを受けさせていただきました。

[ss class=”alignleft” width=”160″ url=”http://nnamm.com/?p=158″ title=”NLPコーチングセッションでモヤモヤがスッキリ! | 信州 Snap::Life”]

このときにも感じたことがあって、本当はね、答えは自分の中に在るんですよ。ただ、モヤモヤしていると、そこへアクセスすることができないんです。

じゃあ、どうするかというと「言語化」です。

自分の気持ちを思いつく限り出す、出す、出しまくる。ノートに書き出すのでもOK!! マインドマップもありでしょう。そのときに「コーチング」のようなコトができる人がいるとベストです。クライアントの言ったことを整理してくれますし、「じゃあ、それでどうしたいの?」と絶妙なタイミングで問いかけをしてくれます。その問いかけは言語化のキッカケになるのです。

深い話をすると、右脳と左脳の関係も出てきます。ざっくり言うと、右脳は感情を司り、左脳は思考を司っています。そのモヤモヤが感情が原因なのか(何かを恐れている等)、思考が原因なのか(〜せねばならない、に縛られている等)、どっちが優位なのかでモヤモヤの晴らし方も違うそうです。

ただし、言語化する際に、古今東西たくさんのサラリーマンがやっているであろう、飲み会で愚痴を言い合うのはオススメしません。その場だけスッキリするようになった「気になるだけ」だから。これはなんも生み出しません。

なので、有識者にお願いするなり、お酒のない場でガチで語り合うだけでも、モヤモヤは晴らせるんじゃないかな。

R4003398

【次のページ】自分の中の答えにアクセス 〜 おわりに

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!