Whyではなく、Howで応じられる心構えをもつ

今、自分に起こっている事柄が現実。
今、自分の目の前にある結果が現実。
そして、現実は正しい。

それなのに

「もう、なんでなの?」

とWhyモードで嘆くのではなく、

「それじゃ、どうしようか?」
「それじゃ、どうしたい?」

とHowモードで向き合えるといいね。

 

Whyでいてもいい。現実を解釈することも、とき必要だと思うから。
でも、ただ嘆いていたり、ず〜っと解釈を求め、さまよっていても現実は変わらない。

解釈することで出てきた結果・見つけた発見があったら、それをいったん素直に受け止めること。その上で

「それじゃ、どうしようか?」
「それじゃ、どうしたい?」

のように、Howで向き合うから人は前に進めるんだ。

APC_0097

Whyで嘆くのではなく、Howで応じられる心構えでいることが大切だと僕は思う。
Howで応じられる心構えがあると、Whyを健全に受け止めることができるから。

写真素材note発売中

継続課金マガジンで写真素材を販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

Software Engineer & Photographer/Python、Golang、JavaScriptを嗜み中。また、撮られることに慣れていない方を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評です。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。2019年秋から夫婦生活スタート。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください