2015年10月に信州に移住して、この記事を書いている2016年11月で1年と少し経ちました。

この間、「他力」や「なんか知らんけど」なことを体験したり、「あり方(Being)」 や「やり方(Doing)」も磨けてきたと思います。人を撮らせてもらうことが、人と関わることがこんなにも楽しく、豊かな気持ちにさせてくれるなんて思ってもなかったのね。

こうして移住して1年とちょっと生きてこれたので、次の野望がふつふつと湧いてきました。『京都にも拠点を作る』という野望が。

マルチハビテーション

もともとマルチハビテーションに興味津々な僕。マルチハビテーションとは「複数の居住空間を行き来しながら生活するライフスタイル」のこと。

今は松本と横浜の2拠点で活動しています。そこに昔から夢リストにあげていた「京都に住む」を組み合わせたくなってね。

GR030974

キッカケは「なんでここに住んでないんだろう?」という疑問

僕が信州に移住したキッカケは、横浜でサラリーマンしていたときにこう思ったこと。

「なんで、僕は大好きな信州に住んでないんだろう?」

今ふりかえるとキッカケはこんなモヤモヤ。

週末に行くのではなく、いつもそこにいたい。なのに、なぜそこにいない!?という疑問。それが積み重なって爆発して、移住を決めちゃった感じ。その先の食い扶持なんて考えずにね。

で、これと似たフラグが先日立ってしまいました。

GR030975

新たなフラグ

それはこれ。

この期間中に京都に行ってきました。友達と熱い話をしたり会食したり、京の街をお写ん歩したり。京都は昔からよく訪れていた地で、ただ街を歩くだけでも僕は満足なのね。

こうして街の空気にふれているときにふっと気づいちゃったのだ。

「なんで、僕は大好きな京都に住んでないんだろう?」

あっちゃ〜、またこの流れか〜(笑)

京都滞在中、リアルでは初めましてな方とお会いする機会があって、その方のアトリエを見せていただいてから、特に強く思っちゃったんだよね。

GR030976

京都に拠点をつくります

そんなわけで京都に拠点をつくっていきます。

幸いにも僕のオシゴトは極論どこでもできます。日本の至るところでできればと願ってます。だから、オシゴトはOKでしょう。まぁ、これから軌道に乗せて行くんですけどね。

あとは住処。

一人で家を借りて、とやってもいいけど友達の助言もあって、同志を募ってみんなで家を借りるのもアリかと。フォトグラファーやクリエイター、京都でのセカンドハウス(セカンド作業場)を求めている方と共同でやっていくみたいな。

メインの借主は京都在住の方にお願いすることになりますが、こうして仲間を作っていく「場」になればいいなと思う。人数は多くはなく、数名規模でね。僕はそういう風に繋がっていきたい。

場所は出町柳から北方面がいいな。北山や一乗寺、下鴨神社や上賀茂神社の方。

【お願い】
京都のセカンドハウスに興味ある方、よかったら連絡ください。一緒にやっていきませんか?京都に住みたいです! → CONTACT

GR030980

おわりに

↑のように考えていますが、まだ野望の炎は燃えだしただけ。どうやって実現するとか具体的な案はなくてざっくり。今は「そうするぞ」と決めただけです。でもドキドキするし、ワクワクします。

信州に移住する前も1ヶ月に1回以上、信州に訪れていろんな人に会ってました。今回も同じことをしていった方がいいだろうな。

ひとまず、京都在住のお友達やFacebookの京都移住計画の中の方にコンタクトとってみようかしらね。

※京都移住計画 → https://www.facebook.com/kyoto.iju.keikaku/

GR030982

追記:2018年春

ひょんなことから2年半の松本生活を終えて兵庫に移住しました。

京都が近くなったんです。電車で1時間くらい。

京都の拠点ができたわけじゃありません。でも野望に近づいた感覚があります。

今後どうして行くかはまだ未知。まずはこの現実をじっくり味わって感謝して、コツコツと動いて行きます。

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします