広大な風景やストリートスナップ用に手に入れたフジノンレンズXF10-24mmF4。

試しに大好きなパンを撮ってみたら普通に使える。あら、いいじゃない?

もちろんワイド側(換算15mm)では僕には無理。広すぎて料理の主張はできません。でも、テレ側(換算36mm)は充分に使えます。そりゃそうだよね。36mmならテーブルフォトにも使えるもの。

けっこう寄れる印象

レンズ仕様を見るに撮影距離範囲がマクロ側で24cm〜∞とあります。ということはレンズ先端から13cmくらいまでなら寄れるってことですね。

参考:フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR | Lenses | 富士フイルム Xシリーズ & GFX(第2世代)

記事執筆当時は第1世代のレンズを取り上げています。2023年2月現在、第2世代に進化しています。最短撮影距離は変わらず24cmでした。

ほどよい被写界深度

F4通しのレンズということで、ほどよい被写界深度なのかなって感じました。

XF35mm F1.4のように浅い被写界深度を使って、ピント面以外がボケる写真を撮るのもいいもんです。でも、料理の様子がもう少ししっかり見える写真もいい。

「何がテーブルフォトの王道か」という話はここではしません。あくまで僕の好みのお話ですよ。

ありがたい手ブレ補正

F4は明るいレンズではありませんが、手ブレ補正があるため暗い場所でも撮りやすいです。

掲載している写真は、”ときどきスタッフ”をしている松本市のコワーキングスペースKnower(s)で手持ち撮影したものです。もちろん昼間。

このようにお店で撮りたいときにサッと取り出して撮ることができる。三脚不要。このお手軽感はいいですね。

ブラさない手は他にもありますが、あらかじめブレを補正してくれるから被写体に集中できます。

おわりに

掲載した写真は松本にあるパン屋さん「アンゼリカ」です。

駅前大通り沿いにあるお店で、ご夫婦で経営されています。おふたりともすごーくあったかい感じが好き。

先日、人伝てでこちらのお店を紹介されて、行ってみたら女将さんがものすごくフレンドリーでしてね(笑)一気に仲良くなりました。以来、ちょくちょく買いに行ってます。

個人的にオススメなのが、こちらの「きのこのカレーパン」です。きのこの食感がめちゃうまい!

created by Rinker
¥42,000 (2024/05/20 12:12:50時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

◆Photographer|木漏れ日や水、空が魅せるきらきらが好き|写真を通じて「やさしい世界」を伝えてゆく ◆Software Engineer|Private: Go/C++/WebGL|Work: SAP/SAC

写真素材note発売中

継続課金マガジンで販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。