Lightroom|デュアルディスプレイの使い分け

Lightroomに限らず、ディスプレイが2つあると作業は捗ります。作業机が広ければ余裕を持って作業できるのと一緒。

僕はMacbook Pro Retina 15インチをメインに使っていて、家ではThunderbolt Displayをセカンドディスプレイに、外出先ではDuet Displayを使ってiPad Proをセカンドディスプレイにします。

今回は「Lightroomでは2画面をこう使い分けている!」をご紹介します。

IMG_0193

セカンドディスプレイはこう使っている

写真を選ぶとき

写真の選び方はいくつかあります。

  • フラグを立てる(ショートカットA、ショートカットUでオフ)
  • 除外フラグを立てる(ショートカットX)
  • レーティングする(ショートカット0〜5)
  • カラーラベルを設定する(ショートカット6〜9)
  • クイックコレクションに追加する(ショートカットB)

僕が写真を選別するときは「ルーペ表示」(ショートカットE)を使います。

写真が画面いっぱいに大きく表示されて一番見やすいから。

また、できるだけ「グリッド表示」(ショートカットG)で写真の全体量を把握しながら確認もしたいので、2画面を

  • メイン:グリッド
  • セカンド:ルーペ(標準)

で表示しています。すると▼のように、グリッドがいい塩梅の大きさ。僕にとっては2画面あって一番便利だと思うところ。

IMG_0104

グリッド表示にすると、デフォルトではフィルムストリップも表示されます。iMacなど大きいディスプレイを使っているならば、フィルムストリップはあってもいいと思いますが、僕は非表示にしています。

スクリーンショット_2016-12-08_14_08_23

写真を現像するとき

セカンドディスプレイは「ルーペ表示(標準)」にしています。

ときどきセカンドディスプレイに撮って出しのJPGを固定表示し(ショートカットCommand+Shift+Enter)、JPG側の色を確認しながらRAWを仕上げることもあります。

比較しながら使う感じですね。

メインは画面の小さいMacbook Pro

MBPRをメインにしている理由は至極単純、Retinaだからです。フォント含めて画面全体が綺麗だから。

やっぱ綺麗な画面でエディットしたいじゃないですか(笑)

僕はMBPRをよく持ち歩いているため、MBPRをメインにした方が都合がいいんです。

たとえば自宅でThunderbolt Displayをメインとすると、自宅と外で画面全体の使い勝手が異なったりしますから。ウィンドウサイズが変わっちゃったり。

セカンドディスプレイにも補正前写真が表示されてほしい

現像中ショートカット「¥」で補正前の写真が表示されます。

できればこれをセカンドディスプレイにもつけていただきたい!

というより、ルーペ表示でも採用していただきたい!

補正前後をメインだけでなく、セカンド(僕にとってはルーペ表示している大きい画面の方)でも見れると嬉しいのです。

おわりに

サブで使える机があると便利なように、Lightroomにおいても2画面あると何かと重宝するってお話でした。

ご紹介した使い方があなたのヒントになれば幸いです。

ちなみに、自宅ではThunderbolt DisplayとiPad(Duet Display)を使えば3画面にもなります。とはいえ、アプリが3画面に対応していませんから、便利度合いが増すわけじゃないですけどね(笑)

追記(2016.12.10)

Lightroom 2015.8のリリースに伴い、「参照ビュー」という機能が搭載されました。僕が「セカンドディスプレイに固定表示して比較しながら現像する」ってことが、メイン画面だけでできるようになりました。

スクリーンショット_2016-12-10_17_38_20

「Lightroom」に関する記事一覧

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。