Lightroomでストリート写真を調整するヨウス(解説・音声なし)

RICOH GRで撮った写真をLightroomで編集

Lightroomで写真を印象的に編集するヨウスを動画にしました。

3分37秒で解説・音声なし。素材はRICOH GRで撮った梅田の写真。

sc_20190123a
このヨウスを
sc_20190123b
このように創作します

【動画】Lightroom × GR|現像のヨウス

▼Lightroomをどう使っていいかわからない方は参考にしてみてね。

写真は自由でいい

ご覧の通り、僕は直感で「こんな感じ」をつくり出してる。

Lightroomの一つ一つの機能は知っているけど「こうやったら、こうなる」程度。原理までは流石に専門外(笑)

結局は自分のセンスを信じて、色と色のバランスを取ったり、色を尖らせたり、引き出したり。

そんなことをやっているね。ヒストグラムは参考程度に見てて、「色の分布で綺麗な山を作る」ということは特に意識してないな。

「色の相関関係」を知っておくと意図的に編集することができるけど、Lightroomをあれこれいじっていれば「こうやったら、こうなる」がわかるので、そうやって身につけていけばいいと思う。

写真は自己表現だもの。つくりたいようにつくっているし、自由につくっていいのだ。

撮ることと同じくらい編集を楽しむことの方が大事だよ。

QuickTime Playerで録画、Media Encoderでエンコード

動画を公開するためにやったことは以下。

QuickTimeを起動して「新規画面収録」から録画スタート。MacBook Pro Retina 15インチ(2018)のデフォルト解像度だと、3分半録画して580MB。

580MBのmov fileをそのままアップロードして良いものかわからなかったので、エンコードしようと選んだツールが「HandBrake」と「Adobe Media Encoder」の2つ。

それぞれCPU / iGPU / dGPUの使い方が違うのは面白かった。

▼HandBrakeでのエンコードのヨウス

IMG_5394
HandBrakeではCPU / dGPUを使ってた。エンコード時間は4分くらいで190MB程度

▼Adobe Media Encoderでのエンコードのヨウス

IMG_5395
Media EncoderではiGPUがメインに使われ、補助的にdGPUが使われていた。エンコード時間は6分くらいで220MB程度

両ツールで同じ出力設定にはしてないけど、エンコードにはdGPUの恩恵があるってことがわかった瞬間。

AdobeのソフトウェアはdGPUをメインに使うようにはなっていないみたい。VBRを2パスで指定しようとしたらハードウェアエンコードはできないという謎の仕様。

おわりに

最終的にYouTubeにアップしたのは「なんとなく好み」ということでMedia Encoderでエンコードしたファイル。

Lightroomの編集動画をアップしようとしただけだけど、動画のお勉強にもなったひと時でしたとさ。

IMG_5393

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。