RICOH GRのクロップが便利 〜「擬似」単焦点レンズ3本化〜

RICOH GRを買いました。

買ってから2日間は試し撮りしたり、MacのApertureやLightroomを使ってみて、自分なりの写真管理方法を考えていました。そんな中、やっぱりイイな〜って感じるのが「クロップ機能」なんです。

 

 
スポンサーリンク

 

クロップ機能

GRは28mmの広角レンズのカメラです。でも、「クロップ」というステキ機能を使うと、28mmのほかに35mmと47mmの画角で撮れるんです。つまり広角、準広角、標準画角が使えるってコト。

ただし、クロップの意味は「必要なところから切り取る」ですから、実際は28mmで撮った画像から切り取られます。

よって、クロップすると以下のように画素数も変わります。

  • 28mm → 1600万画素(アスペクト比3:2で、4928×3264)
  • 35mm → 1000万画素(アスペクト比3:2で、3936×2608)
  • 47mm → 560万画素(アスペクト比3:2で、2912×1936)

でも、カメラ単体で3つの単焦点レンズを使い分けられるって考えるとものすごく便利。

RICOHのカメラは各種メニューをカスタムすることができます。

Fnキー(ファンクションキー)にクロップ機能を割り当てれば、キーを押すたびに28 → 35 → 47 → 28・・・とサクサク変更できる。非常に便利!お気に入り!

 

GR000071

 

もともと、僕はレンズ交換を手間と感じる人です。何本もレンズを持っていると、撮るときに「気持ち」や「潔さ」がブレる気がするのです(お仕事のときは除きます)。

画角を変更できるズームも一緒。「画角」という選択肢があると迷ってしまう。だから、できるだけ「今日決めたこの1本(の単焦点)で撮りまくるぞ!」と考えてます。

なんだけど、時折襲ってくる「他の画角でも撮りたい欲」ってやつがくせ者でね。

  • もっと広い範囲を撮りたい
  • でも荷物は増やしたくない
  • そして単焦点で撮りたい

等々・・・なんすかね?この超わがまま感は。

でもね、そんな僕のわがままをきいてくれるのがGRのクロップ機能なのです。

上述のように、3本の単焦点レンズが1つのカメラに入っているんですからね。特に広角〜標準域は僕が使いたい画角なので嬉しい。

そう考えると、クロップ機能をヨシと感じる方は限定されるかもしれませんね。

 

GR000072

 

GRはGXR A12-50mmのように撮れるのがイイ

GXR A12-50mmユニットは、僕が50mm画角の練習にたくさん撮ってきたカメラでまだ現役です。

このユニットの特徴は、レンズ先端から7cmマクロができること。よく花や料理の写真を撮っています。それと同じことがGRでもできました。

47mmクロップとレンズ先端から10cmマクロを使えば、大体同じようになります。この記事に掲載している写真は全て47mmクロップで撮ったものです。

 

GR000034

 

Bokehもちょ〜いい感じ。僕がGXRで撮ってきたイメージそのままですもん。これは嬉しい。

そのかわり、画素数はA12-50mmが1200万、GR(47mm)が560万ですから、ここをどう捉えるか、ですね。画素数が必要なときはA12-50mmを使うなど、適材適所で使っていけばいいでしょう。

 

GR000036

 

おわりに

前回のGRを買った記事でもクロップ機能を取り上げましたが、A12-50mmと同じ様に撮れることが僕的トピックでしたので紹介しました。いやはや、GR買って良かったです。

あと、試写では人物撮影をやっていません。今度、大勢の人が集まる場に参加しますので、肌の様子や人物の撮りやすさなどを試してきます。

 

GR000037

 

GRというステキカメラはこちら!

スナップしやすくするために欲しいアイテム

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で