【Lightroom】デュアルディスプレイの使い分け

Lightroomに限らず、2画面があると作業って捗りますよね?机が広ければその分、余裕を持って作業できるのと一緒。

僕はMacbook Pro Retina 15インチをメインに使っていて、自宅ではThunderbolt Displayをセカンドディスプレイに、外出先ではたまにDuet Displayを使って、iPad Airをセカンドディスプレイにしています。

今回は「僕流!Lightroomでは2画面をこう使い分けている!」をご紹介します。

IMG_0193

 
スポンサーリンク

 

<【Lightroom】デュアルディスプレイの使い分け>

セカンドディスプレイはこう使っている

写真を選ぶとき

写真の選び方は人それぞれだと思います。

  • フラグを立てる(ショートカットA、ショートカットUでオフ)
  • 除外フラグを立てる(ショートカットX)
  • レーティングする(ショートカット0〜5)
  • カラーラベルを設定する(ショートカット6〜9)
  • クイックコレクションに追加する(ショートカットB)

いずれにせよ、まずはざーっと写真を見ますよね。

僕が写真を選別するときは「ルーペ表示」(ショートカットE)を使います。写真が画面いっぱいに大きく表示されるモードね。 ルーペ表示にすると画面下の小さいグリッド表示しかなく、サムネイルが見にくい。(正しくは、「フィルムストリップ」という領域)

僕はできるだけ大きい「グリッド表示」(ショートカットG)をしながら、大きい「ルーペ表示」をしたい人なので、

  • メイン:グリッド
  • セカンド:ルーペ(標準)

で表示するようにしています。↓のように、グリッドがいい塩梅の大きさなのです。僕にとってはこれが一番便利だと思うところ。

IMG_0104

ルーペ表示領域とフィルムストリップ表示領域はトレードオフなんです。MBPRの小さい画面では、このバランスを取らないといけませんが、デュアルディスプレイならそんなことを考えなくてもオッケー。

もちろん、メインにiMacなど大きいディスプレイを使っているならば、フィルムストリップ表示領域を広げてもいいと思います。

スクリーンショット_2016-12-08_14_08_23

写真選別にフルスクリーン表示(ショートカットF)は使いません。メインとセカンドで表示の遅延があるからです。なんでなんだろう?

写真を現像するとき

通常、どのモジュールでもセカンドは「ルーペ表示(標準)」にしています。

現像時はときどきセカンドに撮って出しのJPGを固定表示し(ショートカットCommand+Shift+Enter)、色を確認しながらメインでRAWから仕上げることもします。比較しながら使う感じですね。

GR031433

メインは画面の小さいMacbook Pro Retina

MBPRをメインにしている理由は至極単純、Retinaだからです。フォント含めて画面全体が綺麗だから。

やっぱ綺麗な画面でエディットしたいじゃないですか(笑)

それに僕はMBPRをよく持ち歩いているため、MBPRをメインにした方が都合がいいんです。例えば、自宅でThunderbolt Displayをメインとすると、自宅と外で画面全体の使い勝手が異なったりしますから。

GR031438

ささやかな願い

現像モジュールのとき、ショートカット「¥」で補正前の写真が表示されます。

できればこれを!セカンドディスプレイにも!というより、ルーペ表示でも採用していただきたい!

補正前後をメインだけでなく、セカンド(僕にとってはルーペ表示している大きい画面の方)でも見れると嬉しいのです。・・・まぁ、現像モジュール用の機能だから無理だろうなぁ。需要ないのかな?

GR031439

おわりに

サブで使える机があると便利なように、Lightroomにおいても2画面あると何かと重宝します。めっちゃ便利!

ご紹介した使い方があなたのヒントになれば幸いです。他にも「こういうふうに使うといいよ!」などご意見があれば是非教えてくださいね。お待ちしています。 → CONTACT

GR031436

ちなみに、自宅ではThunderbolt DisplayとiPad(Duet Display)を使えば3画面にもなるんです!

とはいえ、アプリが3画面に対応していませんから、便利指数がアップするわけではありませんけどね(笑)

IMG_0133

※料理の写真は、11月末に友達と横浜ベイクオーターのWIRED KITCHENでお食事したときの写真。GRとiPhone SEです。

iPadがセカンドディスプレイになるアプリ

有線接続のため遅延はほぼありませんし、リフレッシュレートや画質の調整(画質優先、速度優先)もできる優れもの。

Duet Display

2,400円
(2016.12.08時点)
posted with ポチレバ

写真やるからには、こう言うの欲しいですよね

僕も使っているキャリブレーターも紹介!

追記(2016.12.10)

Lightroom 2015.8のリリースに伴い、「参照ビュー」という機能が搭載されました。僕が「セカンドディスプレイに固定表示して比較しながら現像する」ってことが、メイン画面だけでできるようになりました。

スクリーンショット_2016-12-10_17_38_20

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!