RICOH GR Digital 4が今すごく楽しい

R4002945_lightroom

僕は RICOH GR Digital 4(以降、GRD4)というコンデジを使っています。

2015年3月ではその後継として、RICOH GR が販売されています。GRD4 と比べてセンサーサイズが APS-C となり高画質化されていますし、GRD4 以上に便利機能が満載のカメラです。

参考:GR DIGITAL IV / デジタルカメラ | RICOH IMAGING
参考:GR / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING

以前、GRD4 を下取りして RICOH GR を買おうとしましたが、改めて GRD4 を使ってみると思いのほか良くて、このまま使い続けることにしました。(2017年3月現在は GR に完全に乗り換えています)

R4002896_lightroom

GRD4 を下取りしようかと思った2つの理由

1. 画質がイマイチ

僕のメインカメラ、FUJIFILM X-T1 を筆頭に、GRD4 以外は APS-C サイズのセンサーを積んでいます。対して GRD4 はそれよりもずっと小さい。

ざっくり言うと、センサーサイズが大きいと画質が良いのです。センサーが受けとる光の量が増えるから。

だから、センサーサイズの小さいGRD4で撮るとどうしても「う〜ん」と感じてしまうわけです。

スナップカメラなのに、F1.9 という明るいレンズなのに、(GR Lens といえど)暗い結婚式場などではディテールが僕の好みではなかったのね。ISO感度を上げると、よりその傾向が強まります。

R4002948_lightroom

2. RAW ファイルを Mac で開くと色味がおかしい

撮って出し JPG の画質はなかなかのモノですが、情報量は RAW の方が豊富。RAW から JPG にした方が僕の好みになりやすい。できれば RAW を使いたい。

ところが、これはめちゃくちゃ好みの問題ですけど、Mac のプレビューや Aperture で RAW を見ると、空の青が赤みがかったり、赤いものが紫ががったりして、見た色とかけ離れることがあってすごくイマイチと感じています(他のビューアだと問題ありません)。

かけ離れてしまった RAW から現像しようにも、見た目の色に近づけるのは手間がかかります。手間をかけたくないことから、GRD4 はだんだんと使わないカメラになっていきました。

GRD4 をお持ちの Mac ユーザさんはぜひ試してください。これは RICOH の他のカメラでも同様の傾向があります。

R4002949_lightroom

【次のページ】GRD4 の下取りをやめてもっと使っていこうと決めた3つの理由