ポートレイト撮影のオシゴト Vol.7 Trumpet player-03

DSCF2082

 

2016年10月、トランペットプレイヤーの中原英則さんのバースデーライブの写真。

この日は友人として撮りました。

 

DSCF2081

 

ヒデさんの奏でるサウンドはどこかが違う、と思う。

と、語れるほど僕にJazzの知識があるわけじゃないけどね。

 

それでも僕の言葉で言うと、Jazzとは基本的に自由で奏者たちのノリと阿吽の呼吸、つまり、インプロヴァイズでセッションしていくものであり、音色についてはテンポが良かったりスロ〜だとしても「曲」として「こうだよね」という”ある程度”の枠組みがあるもの、と思っています。

 

DSCF2079

 

だけど、ヒデさんのサウンドはちょっと違っててエネルギーが独特。

内在するエネルギーを溜めて溜めて、すこ〜しずつ出して出して、最後にドバーーーと吠える、吠え切る。

そういうプレイスタイル。

前述した「こうだよね」というルールに囚われず、自由に音を奏でている。いや、叫んでいたとも言えるね。

きっと「そういう想い」があるんだろうな、と少し思う。

 

自身のサウンドについて彼はこう説明してくれました。「ノックダウン」という言葉を使うあたり、文章がかっこいいと僕は思うな。

アリガトウ。むしろ、真っさらな方にどう響いているのか?とか、そういう方々をいかに引き込めるのか?を大事にしてます。玄人が玄人にしか分からないような、気難しい顔をしないと聴けないような音楽はしたくないのです。「3歳児が聴いてもノックダウンしちゃう」ような感じだね!狙うところは!

 

►ヒデさんの公式サイト:Hidenori Nakahara Official Website | Trumpet Player

 

※掲載した写真は2016年10月に松本のVENUSで撮影したもの → 長野県松本市のスナックバー VENUS(ビーナス) | 松本駅からすぐ
※この日の他の写真はFlickrにあります → 2016.11.01_Jazz live | Flickr ※Public設定の写真は少なめです

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします