やさしくて素敵な家族連鎖

「家族連鎖のセラピー – ゲシュタルト療法の視点から」という本を読みました。ざっくりいうと、「自身の心の課題(のひとつ)は家族間・世代にわたって受け継がれてしまったもの」ということ。

だから、カウンセリングではファミリーコンステレーションという手法でクライアントの癒しを行うこともある。僕は(本家ではないと思うけど)その場を体験したことがあるからわかる。

『家族間・世代間にわたって受け継がれてしまったこともたしかにあるよね』と。

だから、この本を読んだとき「家族連鎖っていやだな」という感想を持った。連鎖そのものを良くないものと思ってしまった。

R4003391

でも、この世は何事も表裏一体なのが常。家族連鎖でいや〜なことが繋がっている現実と、良いことが繋がっている現実が同時に存在する。

例えばさ、昔親にしてもらったことを思い出すとき、何度もその場面が出てくるならきっと強く心に残ったことだと思うんだ。楽しい思い出、嬉しい思い出、いろいろあるよね。

そうした「記憶と心」を考察してみると、親の親(自分の祖父母)のことがイメージできるかもしれないね。「おじいちゃんは昔こんなことを子供(自分の親)にやってあげたんだろうな」というふうに。

R4003384_lr

さて、そうした「記憶と心」を胸に秘め、自分が親になったとき、自分の子供には「強く心に残ったこと」そのもの、あるいは「それをベースにしたこと」をしてあげたくなると思うんだな。自然とね。だって、その「記憶と心」が楽しい・嬉しいという気持ちでいっぱいなのだから。

ってことは、良い意味の家族連鎖もぜったいにあるんだよね。

何事にも自分にとって良い面と悪い面があるわけじゃん。これは世代に関しても同じことが言えるのさ。見方を変えるだけで悪い面が良い面に変わることだって十分にある。

そんなことを考えたらさ、親だけでなく、ご先祖さん、ひいては全く想像のつかない初代花村さんにも愛情が芽生えてくるもんです。ありがとう。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします