僕が社会に出たのは2000年4月。

実は社会人3〜4年目くらいから「なんか違うなぁ」とちょっぴり気づいてた。

「ここじゃないな」という感覚。

そう気づきつつもサラリーマンを続けていた。

そして5年後、2008年にタクマクニヒロさんの写真集「ブルー・ノート」と「カインド・オブ・ブルー」に出会う。

パラパラと読むつもりが速攻でレジに向かっていた。忘れもしない横浜ルミネの有隣堂で。

 

GR030742

 

「あなたはいま、好きなことしてますか?」

など、写真集にある言葉ひとつひとつが心に響くけど、当時の自分のBeingでは「でも・・・」や「だって・・・」止まりで、行動する勇気までは湧かず、さらに7年を時を悶々と過ごす。

 

[adSensecode]

 

その間、タクマさんのマンツーマンワークショップを受けたり

オープンワークショップを受けたり

写真以外のコミュニティでも活動していたら

いつの間にか勇気が出せてて、今僕は長野県松本市にいる。写真で食っている。

 

さらには僕個人ではとてもなし得ない「なんか知らんけど」なことも起こっている。

これらは僕本来の力もあるけれど、やはり他力(=仲間の力)の方がとても大きいと感じている。

 

・・・それにしても、勇気を出せるようになるまで、社会に出て15年かかったなぁ。

 

GR030741

 

そんな今の僕になれたキッカケのひとつが、タクマクニヒロさんとの出会い。

そのタクマさんの写真展「Kind of Blue+」が2017年6月20日から開催されます。

 

 

  • 場所:Spiral Garden(東京都港区南青山 5-6-23 スパイラル1階)
  • 会期:6月20日(火)〜 6月25日(日)
  • 時間:11時 〜 20時
  • 入場料無料

 

最寄りの駅は地下鉄の表参道駅。Spiral Gardenは表参道から徒歩2〜3分です。

タクマさんは会期中13時〜20時は会場にいるそうですよ。

素晴らしいのが展示している写真を撮影したり、写真を背景に自撮りやSNSにアップすることすべてがOKとのこと。それから一緒に写メってくれるって。

昨今の「巻き込み」や「シェア」の文化に寄り添った、とても素敵な在り方だと思います。

 

GR030737

 

僕は現在、横浜と松本のデュアルライフ中で会期中は横浜にいます。時間を見つけてタクマさんとタクマさんの写真に会いに行きます。

皆さんも是非、”タクマブルー”の写真を見て、感じて、タクマさんと話してみてはどうでしょうか?

 

※掲載している写真はタクマブルーに感化されて、ちょっとは意識した僕ブルーです(笑)

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします