ブログを書くのに時間がかかる僕の「ブログ筋」トレーニング案

R4001237

ブログ筋トレーニング目標

というわけで目標を立てました。

  1. 【構想】〜【執筆】までを60分
  2. 【清書/整形】〜【確認】までを30分

まずは1を習慣づけていきます。

目標達成の3つの案

実際にどうすっかを考えてみたら3つ出てきました。

  1. こだわり度合いをちょい下げる
  2. 伝えたいことの本質を掘り下げてから執筆する
  3. その本質の何を伝えるかしっかり設計する

R4001238

1. こだわり度合いをちょい下げる

「これでいっか」のハードルを下げてみる。こだわりすぎない。最初は心がざわざわするかもしれないけどやってみる。

結果、今僕が表現できている質より落ちるかもしれません。それは好ましくないにせよ、ブログ筋をコツコツと鍛えていけば、自然と質も上がっていくもんだと信じてます。それでも良いやと。

筋トレが最優先!

R4001239

2. 伝えたいことの本質を掘り下げてから執筆する

ブログで伝えたい内容を絞る。核心をシンプルに!

どうも僕は文章を書いていくうちに、視点が発散してしまうと言うか、収束しにくくなると言うか。核心に関わることだけど、そこまで重要でないことまで書こうとしてしまうことがあるっぽい。書いては消し、書いては消し。伝えたいことがぼやけているのかもしれませんね。

それはそれで良いと思う反面、そこまでしなくてもいーんじゃないと感じる僕もいるわけで。

だから、伝えたいことをシンプルにするよう、もちっと核心を見極めてみる。例えば先に記事タイトルを決めてしまえば内容がぶれることも少ないでしょう。

R4001242

3. その本質の何を伝えるかしっかり設計する

その核心がハッキリしたとして、それをどう伝えるか。

僕の場合は、【構想】を深めることですね。この段階でしっかり練っていれば、あとはアウトプットするだけですから「楽」にできるはず。

その参考に、ブログ「ものくろぼっくす」のものくろさんが「ブログを書く時間がない方のために」というエントリーを書かれていました。

 

あるいは、思考のフォーマットを使ってみる。【構想】するときに以下の問いかけベースで発想していくんです。

  • 何を伝えるのか?
  • なぜ伝えるのか?
  • どのように伝えるのか?

これに沿っていけば僕が表現したい「何か」がサクッと出てくる気がします。

R4001243

おわりに

ブログを「楽」に書くために、ブログ筋を鍛えたいのはもちろんですが、僕は思考力やアウトプット力も鍛えたいんです。核心を見極めて、その1点から全方位に向けて思考を展開する。思考 → アウトプットを幅広く、正確に、スピーディになれるように。

ブログはその訓練になるんじゃないかと思ってます。

とゆーわけで、まずは以上のような目標と対策案をもってチャレンジしてみます。

R4001244

余談

さっそく本エントリから『【構想】〜【執筆】までを60分』を意識してみました。

結果は、70分くらいでした。うん、まずまずだ( 0w0)ノ ウェーイ

メモ書きに愛用しているツールの紹介

こちらも愛用しています。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。土日祝日OK!ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られ慣れてない方の笑顔、素敵な空気感をそぉっとすくい撮ってます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。