信州生活スタート!信州に移住しました!

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

GR000615

ようやくです。ようやく移住したんですよ!

2015年10月1日から引越を始めて、1週間経ってようやく落ち着いてきたので、報告エントリーいっちゃうよ。

 
スポンサーリンク

信州生活スタート!信州に移住しました!

GR000616

荷物を運んだり最低限必要なモノを買いそろえるなど、もろもろ片づいたのが10月4〜5日くらいで、実質6日から信州生活がスタートしました。

引越に友達に手伝ってもらって、自分ひとりではここまでサクッと出来なかったんじゃないかと思えるほど。ありがたかった。まだ洗濯機がきてないなど、やることは残ってはいるのですが、無事に信州移住生活、すなわち僕のあたらしい生活がスタートしました!

信州生活がスタートして率直な感想

GR000618

引越当初は【困惑】、そして今は【さぁ!ぼちぼちやって行くよ!】ですね。

最初、引越がひと段落するまでは「信州にいる」という実感がすごく薄かったんです。新しい部屋ではじめての朝を迎えても、心がワクワクすることはあまりなかったな。もちろん嬉しいんだけども。

なんだか、目に見えないモノの手のひらの上で踊らされている感じって言えばいいかな。自分のペースで生きている感覚がなかったんです。実際、6日まではiPhone以外のカメラで写真を撮ろうとも考えつかなかったくらい。あれして、これして、あれも〜という状況でここの空気に慣れてなかったからでしょう。

GR000619

でもね、6日の朝、はじめて可燃ゴミを出したついでに自宅の周りを散歩したんです。RICOH GR持って。

ちょうど快晴だったこともあって、朝の空気がちょ〜気持ちい〜のなんの。陽の光がやさしくて温かくて。そしたら、ようやく自分の内からポジティブな気持ちが湧き出てきたんですよ。

あ〜、なんかいい!
よし、写真撮るか!
とにかく気持ちイイ!

自分の脚でしっかりと大地に立ち、歩き出したかのような感覚。「おいおいやっとかよ」、「何のために移住したんだよ」と自分にツッコミたいくらい。

もちろん、まだ足りないモノはあるし、生活リズムだってこれから作っていきます。それもこれから都度対処していけばいいっしょ。

おわりに

GR000609

ようやく【ぼちぼちやって行こうか】モードになったので、コツコツと行動に移していきます。

自分の仕事もスタートさせますよ。主に写真関係から。ありがたいことに現在何件か依頼をいただいています。ただ、まだネットが開通していないため、どうしても快適に作業ができないんですよね。テザリングだけでは不安でしゃーない。

というわけで私信。

このエントリをご覧になったクライアント様、しばしお待ちください。早ければ1週間くらいで開通するそうです。それまでも出来ることは進めておきます。

GR000617

ようやく念願だった信州移住が果たせましたイェイ!もちろんこれで終わりではなくて、こっからが真のスタート。

脱サラして【自分の生きたいように生きることにチャレンジ】することが始まったに過ぎません。これから僕がどうなるのかなんて分かりません。でも、だいじょうーぶ!「なんとかなるし、なんとかするの心」で楽しんでいきます。3歩進んで2歩下がる、それでもいーじゃんって気持ちでね。

僕の生き様がどなたかの人生のスパイスになればいいなと願いつつ、僕のことを応援してくれると嬉しいです。

移住に興味がある方なら読んでおきたい本

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!