写真WorkShopに参加!自分の知らない写真の世界を体験!〜プロのフォトグラファーの姿を見た〜

DSCF4152

僕の写真スタイルはお散歩フォトです。草木、空など目にして「お!」と感じたものを撮るスタイル。友達も撮るけど、基本はじっくりとスナップ、ゆっくりとスナップ。だから、写真の幅を広げたいと常々思っています。そんな折、写真仲間のプロフォトグラファーさんが動きモノのWorkShopを開くということで、嬉々として参加してきたんですよ。

もうね、自分がこれまで撮ってこなかった世界だから楽しいのなんの。また、WorkShopの運営を見ていて、今の自分にはないプロの姿を見させていただいて刺激を受けたり。

今回は、そんな写真WorkShopの様子をお届けしましょう!

[adSensecode]

Action Photo Workshopの紹介

Workshop講師はこの方

タクマクニヒロさん主催のオープンワークショップに参加してご縁ができた吉田 悠太さん。主にBMXなどのストリートアクション写真を得意とするプロのフォトグラファーです。(吉田さん、肩書き違ってたらごめんちゃい)
参考:BMX – Wikipedia

本エントリでは、吉田さんのことを以降「巨匠」と呼びます。なんか知らんけど、そう呼ばれていたからww

■そんな巨匠のサイトはこちら、どの写真もスゲェ[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://www.yutayoshida.com/” title=”yuta yoshida photography”]

Workshop開催場所はここ

「BASHI BURGER CHANCE」という屋内スケートパークとそれに併設されたハンバーガーショップ。オーナーの橋谷大夢さんもBMXのライダーです。

参考:バシバーガーチャンス(BASHI BURGER CHANCE)- 川口元郷/ハンバーガー [食べログ]
参考:バシのバーガー&パーク「BASHI BURGER CHANCE Opening Party」 << BANNED – [ パーツ、アパレル ] : NEWS @BMX専門のZ.E.N DISTRIBUTION

IMG_1328

IMG_1327

Workshop内容はこれ

ざっくり言うと、BMX、つまり競技用チャリンコでくるくる飛び回るライダーさんを撮るというモノ。座学1時間+実技2時間、それからBBCのハンバーガが付いて5000円。すごくお得!

モデルとなってくださるライダーは南 悠麻さん。僕は存じ上げなかったのですが、その筋では有名なライダーさんだそうです。巨匠の要望に合わせて、技をノーミスで繰り出していたけど、普通のライダーさんはそうはいかないとか。
参考:南 悠麻 (YUMA) @BMX専門のZ.E.N DISTRIBUTION

IMG_1326

やばい!楽しすぎる!

最初に座学。巨匠自身の作品とともに、以下のようなことを説明してくれました。

  • ストリートスポーツ撮影とスポーツ撮影の違い
  • シャッタースピードは主に1/500〜1/1000
  • 一眼レフとミラーレスどちらが適しているか
  • フォーカスはAF-C使ったり、MFで置きピンしたり
  • 絞りは基本的に深め
  • 屋外での撮影の基本
  • 屋内での撮影の基本
  • 構図(どういう意図でそうしたのか等)
  • 使用するレンズとその効果
  • レタッチテクニック
  • そのほか、イベント撮影時のノウハウ

R4003400

次、メインの実技。これが楽しかったのよ!

屋内なのでクリップオンストロボでの撮影がメイン。巨匠の指示のもと、参加者はカメラの設定をして、ライダーを撮る撮る撮る。そして、最後にストロボ2灯(メインとスレーブ)による光の効果を試す撮影で終了。

BMXはこれまで撮ったことのない被写体ですから、撮れること自体がまず楽しい!知らない世界を体験できたのがすごく楽しい!

ただ、僕の機材はX-T1とXF35mmF1.4という標準画角セット。目で見た通りの絵にしかなりませんから、広角レンズで撮ったようなダイナミック効果は出せません。でもね、下からあおって撮ったりして、この機材でもできることをしながら撮影してました。

とはいえ、どうしても無いとダメだったのがクリップオンストロボ。そのような素敵アイテムは持っていませんから、汎用のストロボをお借りしました。PanasonicのPE-36Sというもの。小振りのX-T1に装着すると重量差が・・・。

実を言うと、これが僕自身、X-T1で初めての(こんな本格的な)ストロボ撮影だったのです。

IMG_1319

プロのフォトグラファの姿を見た!

僕もまだ1回とはいえ写真講座をやった身ですから、巨匠がどのようにWorkShopを運営するのか、実は興味津々でした。値踏みするとかじゃないですよ。どーゆー風にやるんだろって単純に興味です。そして、座学から実技まで見てて感じたのが「自信」です。

「自信」があるから、実技での説明からセッティング、参加者からの質問への対応など、的確にスピーディーに応えていましたし、進行もスムーズにやられていました。

DSCF4158

実は巨匠もBMXライダーとのこと。そう、BMXも写真も自分の好きを得意までに昇華してお仕事をされています(と僕は思う)。これまでも、たくさん試行錯誤して仕事をこなされてきたのかなって。その経験がご自身の糧となって、自信につながっているのだろうって感じたんです。

その様を見て、僕はとても良い刺激を受けていたんです。ああ、すごいなと。

そうして自分を振り返ると、僕だって自分の写真をやってきました。今はまだプロ(写真でお金を稼ぐ状態)ではありませんが、「なんかイケそう」って言葉にできない自信みたいなのがね、あるんですよ。

DSCF4157

おわりに

吉田さんのストリートスポーツ写真は、ライダーとフォトグラファーの共同作業であると言っています。どんなイメージの写真を作ろうか打ち合わせして、共に作り上げていくそうです。これすごくいいです。やりがいあるし、何より楽しそう。

僕もそんな仕事をしていけたらなって思う。

ありがたいことに、今度友達のプロフィール写真を撮る機会に恵まれたり、他にもちょいと依頼があったりします。依頼内容にもよるけど、僕もクライアントと共に作り上げることに挑みたいね。だって、素敵な1枚が撮れたら、きっと嬉しいし、楽しいはずですからね。

最後に、この日に撮った写真をFlickr Albumにまとめました。よかったら見てみてくださいな。
2015.07.04_Action Photo Workshop

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします