ApertureからLightroomにツールを変えて約3ヶ月(2016年2月現在)。自分なりのワークフローが整理できたので、これから6回にわたって写真の取り込みから現像、プリントまでの僕の使い方を公開します。

使用するLightroomは、2016年9月時点で最新のMac版Lightroom CC(2015)です。

連載記事一覧

(1)写真の読み込みとファイル管理
(2)コレクション管理
(3)よく使うショートカット
(4)よく使う機能
(5)RAW現像の流れ
(6)プリントの流れ(まだ試行錯誤中version)

ストレージの構成

Lightroomはカタログが全て

Lightroomはカタログファイルというもので全てを管理しています。デフォルトでは「Lightroom Catalog.lrcat」というファイル。

カタログにはパソコン内にある画像の場所であったり、現像パラメータやパラメータの調整履歴などが入っています。だから、元の画像が上書きされることはありません。これを非破壊編集といいます。

んで、僕は▼このようにデータを持ってます。

  • ストレージ1(内蔵SSD):カタログファイル
  • ストレージ2(外付HDD):写真データ

ストレージを分けているのは、単純にMacbook Pro Retina 15インチのストレージ(512GB)だけじゃ足りないからです。

カタログだけは読み書きの速いSSDにおいてます。

カタログファイルはいくつも作れる

他のアプリと同様に、Lightroomも(カタログ)ファイルを複数作り、読みかえることができます。

「ファイル」 → 「カタログを開く」(あるいは、「最近使用したファイルを開く」)

なので、僕はプライベート用とお仕事用でカタログを分けています。これは特に理由はなくて、「なんとなく」ですね。

しいて言うなら、作業するときに気分を切りかえるため、かな。

※2016年9月追記

現在はカタログを1つにまとめています。

あっちのカタログを開いている時にこっちのカタログも見たい、なんてことがたびたび起こるので、この際まとめてしまえと。また、今現在管理している枚数(14000弱)ではパフォーマンスに特に影響なさそうだからですね。

【次のページ】写真の読み込み手順

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします