ApertureライブラリをLightroomに移行する方法 〜Mastersを読み込む〜

DSCF4920

Lightroomが素晴らしい!Apertureから移行しようか検討中」で書いた結果、Lightroomをメインツールにすることにしました。

現像ツールが使いやすいことが移行の理由です。また、「ApertureからLightroomに移行した理由のひとつはコレ 〜「VSCO Film」プリセットが素晴らしい!〜」も理由としてデカイですね。でも、Apertureも並行して使っていきます。

 

ツールを移行するときに頭を悩ませるのがデータの移行ですよね。Apertureライブラリから移行するためのツールがAdobeから提供されていますが、写真が膨大にあるとかなり大変そうです。

そこで、LightroomをメインにApertureも並行運用している僕がやっている方法をまとめます。

[adSensecode]

<ApertureライブラリをLightroomに移行する方法として、Mastersを読み込むという方法もある>

Mastersディレクトリを読めばいーんじゃない?

DSCF4921

やり方は至極簡単。

Apertureライブラリの移行はせずに、ライブラリから写真データを読み込めばいいのです。RAWでもJPGでも元データがそこにありますから。

【元データの場所】
Aperture Library.aplibrary > Masters

Mastersディレクトリのしたに、「年 > 月 > 日 > 読み込み日時」という順でディレクトリがあり、その中に写真データが入ってます。

ただ、Lightroomで読み込む場合、ダイアログからAperture Library.aplibraryを直に読み込むことはできません。

ですから、事前にMastersディレクトリのエイリアス(※1)を作っておけばいいのです。

 

【エイリアスの作成方法】

  1. Aperture Library.aplibraryを右クリック
  2. メニューから「パッケージの内容を表示」を選択
  3. Mastersディレクトリのしたの、年ディレクトリを右クリック(※2)
  4. メニューから「エイリアスを作成」を選択
  5. 作成されたエイリアスを、デスクトップなど任意の場所に移動

図解するとこんな感じ。

▼Apertureライブラリを右クリック。
スクリーンショット20151112a

▼ApertureライブラリのMastersの中身。
スクリーンショット20151112b

▼Lightroomの読み込みダイアログからこのエイリアスを選択すれば、Apertureライブラリを読み込めます。
スクリーンショット20151112c

Lightroomは非破壊で編集できますし、編集した情報はカタログファイルに持つはずですから、Apertureライブラリを壊すこともないでしょう。(ここはしばらく使ってみないと分かりません)

 

※1 エイリアスっなんなん?って方は「エイリアスとは – はてなキーワード」を見てみてくださいな。

※2 El Capitanにおいて、なぜかFinder上ではMastersディレクトリのエイリアスは作成できませんでした。でも、Terminalからlnコマンドを使えば作れました。こんな具合に。

ln -s /Volumes/〜/Aperture\ Library.aplibrary/Masters/ test

これを実行すると「test」という名前のエイリアスが作られます。

※3 この方法はiPhotoやPhotosでも同様にできると思います。

こういうユーザにオススメ

DSCF4922

  • Apertureのプロジェクトやスマートアルバムなどの引き継ぎは一切不要
  • Apertureで現像した設定は一切不要
  • まっさらのデータさえLightroomに読み込めればいい

つまりは、僕のように過去の写真データをLightroomの現像エンジンでいじりたいって方向けってことですね。はい、大変ニッチな方法だと思いますww

でもね、

過去の写真データはとても大切です。

けれど、僕にとってはこれから信州で撮っていく写真の方が大切。

だから、過去のデータはこれでよし!ってことにしました。そして、これから撮っていく写真データの管理や読み込み方法などは新たに整理しなおしました。こっちもよし!

余談:Apertureを並行運用する理由

フォトストリームを使いたいからです。

Photosより、Apertureのフォトストリームの仕様の方が好みなんですよ。今のところ、iCloudフォトライブラリは使っていません。

おわりに

DSCF4919

Lightroomで現像するのが楽しんです。

そうなってくると、昔のデータも現像したくなってくるわけ。そういうとき、こういう方法もあるよねって気づいたんでブログにまとめました。

ニッチな方の参考になればいいなと願いつつ。

Lightroomのお勉強にオススメしたい本

※その他、Googleで調べたり、YouTubeを見れば、ツールの使い方などは十分習得できます。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします