写真をバックアップするためにFlickrを使うなら、Lightroomの「公開サービス」は使わずに手動でアップロードします

GR000625

Lightroomが素晴らしい!Apertureから移行しようか検討中」で書いたようにApertureからLightroomへ移行を考えています。

そこで解決しなくてはならないのが、Flickrにアップロードするまでのワークフローです。

よく写真のバックアップにFlickrを使われている方がいます。僕もそうです。

Lightroomには「公開サービス」というモジュールがあり、サクッとFlickrにアップロードしてくれるのですが、写真のバックアップ目的なら、僕は手動でアップロードするというのが今の考えです。

[adSensecode]

写真をバックアップするためにFlickrを使うなら、Lightroomの「公開サービス」は使わずに手動でアップロードします

バックアップって?

GR000626

そもそも写真のバックアップって、簡単に言うと▼こういうことですよね?

ハードティスクAに「写真.jpg」というファイルがある。これをバックアップする場合、ハードディスクBにコピーする。結果、「写真.jpg」は別々のストレージにある。

この状態になって、初めてバックアップされたことになる。

というのが僕の前提です。

Flickrが写真のバックアップ代わり

GR000628

僕は、これまで撮ってきた写真をFlickrにアップロードしています(公開の許可が得られたもののみ)。それはブログに掲載するためですし、バックアップのためです。

というわけで、僕が写真を管理するときのゴールは「Flickr公開まで」なのです。

 

Flickrにアップロードするときに重宝するのが、ApertureのFlickrExportというプラグインです。

これ便利なんですよ。写真単位に投稿するアルバムやクループが指定できたりしますから、って「ApertureでFlickrにアップロードするならプラグイン「FlickrExport」がおすすめ!」に詳しく書いてました。

Lightroomの「公開サービス」を使わないわけ

GR000629

ここでは「公開サービス」の有り様はいったん外して考えて、バックアップすることが目的ってことに注意してくださいね。

 
 
ApertureのFlickrアップロード機能もそうですし、Lightroomの「公開サービス(のFlickr)」もそうなのですが、参照コピーなんです。

アップロードしたファイルをLightroomから消しちゃうと、Flickrからも削除されちゃう。ハードディスクA(Lightroom)とハードディスクB(Flickr)に同じファイルが別々に存在しているわけじゃないんですよね。

これではバックアップとしては不十分。

その点、FlickrExportは内部的に書き出されたJPGがアップロードされますので、バックアップとしての体をなしてます。

 

Lightroomの機能を確認しているときに、試しにやってみたらFlickrから消えてしまったので、「Oh…やはりか」って思っちゃいました。逆はやっていないので分かりません。

手動でアップロードする

GR000630

では、どうするのかといえば至極単純。

『Lightroomで書き出して、それをWebブラウザでアップロードする』

最近のFlickrはWebブラウザからでもアップロードしやすくなりましたし、おそらくFlickrExportでやっていた手間と同じくらいで出来るはず。

おわりに

GR000641

写真をシェアすることが目的なら、公開サービスはすごく便利なんです。ボタン1つで公開してくれますから。

でも、僕の用途には合わなかったので、上に書いたような流れでやっていきます。

とはいえ、まだワークフローを整理している段階ですし、その中でわっと驚く方法が出てくるかもしれません。・・・あるいは、Apertureを使い続けるかw

★写真を撮り続ける、それ即ち、バックアップとの闘い

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・3月1日(金)〜21日(木)
・4月21日(日)〜

【関東エリア】
・3月23日(土)〜4月16日(火)

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。