僕はInstagramに自分の作品を公開しています。

タグの使い方がポイントらしいので見よう見まねでやっていて、ありがたいことに外国の方に反応してもらえるようになりました。

そんなある日、嬉しいことがあったんです。

コメントのレスにレスがあった

僕はコメントくれた方にはいつも「Thank you」系の英語でお返ししつつ、その人のタイムラインを見ます。そして、写真が響いたらフォローする感じ。おかげで僕のタイムラインは素敵写真ばかり。

でね、先日コメントくれたユーザーさんのタイムラインを見たら、あまりにも笑顔が素敵、というか、すごく楽しそうに笑う方だったんで、Thank youのほか

「Your smile looks very nice in your feed :)」

って返したら、なんとレスがあったんです。

「ありがとう。最近セルフィーやってるんだ。君のタイムライン、すごくいいよね」って。

おぉおぉおぉ。

実はね、本格的にInstagramを始めて数ヶ月、こうやって会話が続いたのが初めてだったんですよ。

そりゃ嬉しくもなるわけですよ。もっと長くやってるFlickrでは1、2回しかないし。

ですから、なんとなくでいいから僕の気持ち分かってください(笑)

GR001451

僕がコメントで使う英語

Thank you系はこのくらいですね。

  • Thank you
  • Thanks
  • Thanks a lot
  • Thank you so much

それぞれニュアンスは違うのかもしれませんが、僕は基本的に同じような気持ちで使い分けています。使い分けはもうFeelingです(笑) 大切なのは小洒落た英語で(無理して)返すことではなく、「ありがとう」という気持ちを素直に返せばいいと思ってます。

ちなみに、僕は「いい!」と感じた写真にコメントする時は

  • Nice shot
  • Great
  • I love this photo

などシンプルな言葉を使ってます。

おわりに

リアルでもネットでも、自分の写真を通してコミュニケーションとれるってステキなことですし、なにより楽しい。ウキウキする。

距離も時間も関係なく交流できる、ってあらためて考えてみると凄いよね。テクノロジーの進化に感謝!

GR001453

【英語学習におすすめ!】僕はこのアプリで英語を学んでます

1問1問解説ムービーがあり、それが非常にわかりやすいのです。

忘れてしまった文法など思い出せますし、深く学習できます。2700問全てやったら最強でしょうね。僕はそこまでやってませんが(笑)

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします