RICOH GXRすごい!好きなカメラだからこそ、またまた感動したことを書くよ!

コメダ珈琲に行ったらチョコフェア真っ最中。暦を確認すると2月。バレンタインですね。

しかも、2月14日は通常のクロノワール(¥600)がミニクロノワール料金(¥400)で食べられる日だとか!僕と同じくチョコ好きな人は行くべしです。

と、そんなことより冒頭の写真です。

相変わらずマクロ性能が素晴らしいので、GXR LOVEな気持ちをお届けします。

 

 
スポンサーリンク

 

RICOH GXR A12-50mmユニットのマクロ性能がすばらしい

R1007859

 

販売終了になってからも使い続けているRICOH GXR A12-50mmユニット。これのレンズ性能はすごいです。今回はマクロの話。

 

基本性能は最近のカメラに劣ります。世代が違うから仕方ありません。でも、そのレンズ性能があるからこそ、まだまだ使いたいカメラ。

スイーツやパンなどの料理をマクロで撮ると楽しい

R1007860

 

コメダ珈琲に行ったこの日、GXRをひさしぶりに使ったこと、チョコ大好きな僕がミニクロノワールを目の前にして単純にテンションが高かったこと。

この2つの要素のおかげでバイアスがかかっているかもしれませんが、料理を撮るときにA12-50mmはすごーく便利だって感動したんです。

 

R1007862

 

  • 7cmマクロ(レンズ先端から7cmまで寄れる)
  • 最大撮影倍率0.5のハーフマクロ(う〜んと、割と大きく撮れると思っていただければ)

この仕様の賜物でしょう。

MFに切り替えれば、意図的に丸Bokehも作りやすいです。

おわりに

R1007855

 

被写体に寄れる。綺麗に撮れる。

うん、やっぱ僕はGXRがすごい好き。

X-T1やGRを使っているとAFの遅さに苦笑しちゃいますけどね(笑)

 

R1007857

 

だからこそ、GXR A12-50mmはスローカメラ。

ゆっくりと被写体と対峙し、ゆっくりと核心を撮る。そんなカメラです。

壊れたら中古を手に入れる、とまで思えるカメラです

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で