ポートレイト撮影のオシゴト Vol.5 金丸文化農園・園主の奥さま

vf_DSCF0050

 

この写真は2016年9月に撮影。モデルは金丸文化農園の園主、金丸直明さんの奥さん(以降は「ゆっこさん」と呼称)

▶︎金丸直明さんの記事もあります:ポートレイト撮影のオシゴト Vol.4 金丸文化農園さま

 

ゆっこさんには同年8月に新潟で行われた「人生の新しい扉を開く!! 岡部明美・大塚彩子・立花岳志 合同 3days ワークショップ in 長岡」でお会いしました。

このワークショップはBeing/あり方、つまり心の学びです。

▶︎参考:人生の新しい扉を開く!夏の3daysワークショップ | 自分にOKを出して前に進む!

 

僕自身、フォトグラファーとして、いや、人としてもっと突き抜けたくて「心」を知りたかったんです。言葉にできない不安と向き合いたかった。それに僕のやりたいポートレイト撮影にはBeingがとても大切だ、という直感もあった。だから受けました。

結果、今僕が岡部明美さんのLPLを受講することになった(なってしまった?笑)最大のキッカケになりましたね。

 

そんな思い出深いワークショップで出会ったゆっこさんは、今ではオープンハートになり(もともとある)天然っぷりもかなり強力にオープンになっています(笑)

ご自身もご家族も毎日楽しそうにしていて、それを見るとなんだかこちらも嬉しくなってくるんですよ。

それから読み手を惹きつけるブログだって書いちゃってるんです。

▶︎参考:週刊ユキコさん

 

 
スポンサーリンク

 

そんなゆっこさんは当初、自分を出していくことにすご〜く苦手意識がありました。だけど、長岡ワークショップを受けて心に良い反応があったのでしょうね。僕に撮影の相談をしてくれたんです。嬉しかったなぁ。

やりとりの最中も面白いくらいに悩んでいましたけどね。最終的に僕が背中をちょこんと押して撮影を決めてくれました。

今ふりかえると、あのときはマジのマジで清水の舞台から飛び降りるほどの「勇気」をふりしぼったんだろうなと思います。

 

さて、撮影当日はその「勇気」をブーストするべく、なおさん(園主である旦那さん)、子供達、そしてワンコにも現場に来てもらい、いい感じの「場」をつくろうと考えました。(少なくとも、なおさんだけでも来て、と進言したと思う)

結果、ゆっこさんにとって「みんながいる」という安心空間になったからこそ、いい写真がたくさん撮れました。

やっぱり「場」の力ってすごい。

 

vf_DSCF0027

 

「撮られる」というご本人にとってはありえないことをやりました。

それがオープンハートになっていったキッカケだったと僕は思うんだよね。ホントすごい。もちろん、撮影以外にもご本人の行動があったからこそです。

でも、そのひとつのキッカケとして、この日の撮影があったのかな〜と僕は勝手に思うようにしています(笑)

金丸文化農園について

IMG_0894

 

こちらではさくらんぼと桃をつくっています。僕の友達やその友達(僕は知らない人)も毎年買っていて、いっときFacebookでは「さくらんぼ祭」や「桃祭」になっています。

「友達だから買う」という面もあるとは思います。安心感あるもの。でも、毎年大勢の方がリピートで買っている(しかもシーズン中に数回という方もいる)のは、やはり美味しいからだと思うんですよ。

以前さくらんぼ狩りをしにいったことがあってね。やっぱうまかった。「肥料にもこだわって育てているんだよ」とは、なおさんの弁。

 

DSCF3734

 

2017年は狩りとBBQをセットにしたイベントも行われたりして盛り上がっていました。WebサイトやFacebookページでは収穫の状況や発送情報などが見られますので、気になる方は要チェックです。

▶︎Webサイト:金丸文化農園
▶︎Facebookページ:金丸文化農園

 
 
DSCF3764

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で