「信州移住」はスタートです

R0010792

2015年5月、「情報発信・ブランディング講座」ってゆーセミナに参加してきました。

■人生初のセミナレポートはこちら
立花岳志さんの「情報発信・ブランディング講座」に参加して学んだ情報発信で1番大切なこと

セミナで8時間ほど学び、懇親会で2時間ほどはしゃいだあと、主催の立花さんとお友達数人で軽く2次会してきました。そのときのふとした会話から、僕が「あ、そういえば」と考えたことをまとめます。もうね、タイトルのまんまのことなんです。

R0010794

 
スポンサーリンク

2次会での話

参加者は僕を含めて6名。セミナの特性上、みんなブログやってます。そりゃ〜ね〜ww

※参加者を名前順に挙げましょう。
岩井さん(ちゃろさん):チャロッピ!! | =質より量より更新頻度=
大東さん(ものくろさん):ものくろぼっくす
田嶋さん:Customize my life
立花さん:No Second Life
西村さん:For My Own Life | すべての人が、より自由で豊かな人生を

それぞれが好きな飲み物を片手に「乾杯!」したあとは普通に談笑、ブログ的談笑、人生的談笑、いろいろです。そんなときふと、ものくろさんが僕に問いかけたこの言葉、

「なむさんは、なんで移住を選んだんやろね」

たぶんこんな感じ。ほらお酒入ってましたから少々記憶がww

僕たちにとっては他愛のない会話です。でも、僕にとっては「自分の気持ちを整理するキッカケ」みたいに感じました。だから、その会話で僕がものくろさんに伝えたことを含めて、ここにまとめておきます。

R0010791

気がついたら「移住」を選んでいた

最初は「移住」しようなんて思ってませんでした。もちろん、以前から信州は大好きでしたし、休日だけに限らず、好きなときに行けたらいいな〜という願いはありましたけどね。

「移住」を意識しだしたのは2013年の秋以降。それまではもうね、今の自分をとにかく変えたくて、変えたくて、どーにかしたくて、どーにかしたくて、そのことばっかり考えていました。

このときの心理状況を現すなら、自分の目の前に幾層ものモヤモヤの壁があった感じ。それをね、どうにかして打ち砕きたかったんです。

R0010786

自分を変えようともがいていたときに、立花岳志さんのセミナを知りました。

最初は正直、ビジネスセミナというものにうさんくささを感じていましたね。でも、実際に行ってみたら同じ悩みを持ち、同じように何とかしたいという気持ちの方が多くて、一気に仲間ができました。

そうこうしていくうちにセミナを通じて会社外の友達/仲間を得て、共に学び、成長していたら、モヤモヤが打ち砕かれていくわけです。

そんなとき、ポンっと「信州移住」が目の前に現れただけなんですよ、実際は。そして今、僕はそれを選んだ。

結果的に、僕にとってはセミナに参加して良かったことになります。人生の大転換のキッカケ。2013年の夏前のことです。

■この経緯はこちらに詳しく書きました。
【信州移住】脱サラして移住を決意するまでの話/第2話「自己肯定感を呼び起こす」

R0010789

「移住」を選んだはいいけど、やるぞって決意するまでに長い時間が必要なんですけどね。それはまた別の話。

僕にとって「移住」はスタート

さて、モヤモヤを打ち砕いた今どうなっているかというと、別のモヤモヤが目の前にあります。モヤモヤの先を抜けたら、またモヤモヤなんです。でも、以前みたいに「なんかイヤな感じ」はしないモヤモヤです。

たぶんね、「移住」は僕のゴールではなく、スタートなんです。だって、移住した先がどうなるかなんて、誰にも分かりませんよね。信州に定住するのかどうかも実は僕自身、分かっていません。

新しい何かの始まりになるかもしれないし、これまでの何かの終わりになるかもしれない。

だから、「移住」することにドキドキするし、ワクワクするし、逆にハラハラもします。モヤモヤってね、この先に対する期待と不安なんです。

ではどうするのかというと、僕的名著の「嫌われる勇気」でいう「いま、ここ」です。

P270
「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ

〜中略〜

人生は連続する刹那であり、過去も未来も存在しません。

〜中略〜

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。

〜中略〜

「いま、ここ」にスポットライトを当てるということは、いまできることを真剣かつ丁寧にやっていくことです。

先のことなんか気にせす、過去のなにがしかも気にせず、いまできることをやってこーぜってこと。

だって、どんなことしたって「不安」は消えません。人は、大なり小なり不安とは付き合っていくものです。だったら、その不安がマジで現実にならないように、いまやれることをやっていくっきゃないじゃん。

R0010787

仮に「うぎゃー」ってつらい目に遭ったとしても、僕的名著「神さまとのおしゃべり」でいう「しめしめ、これは、きっと、上手くいく」の考え方で躱していくのです。

P234
未来のあなたは何でも「あれはよかった」と言ってくれる。そのためには、目の前で起こっていることを「悪い」だなんて判断せずに、まだ続くストーリーを信じてみなさい。「しめしめ、これは、きっと、上手くいく」。こう唱えただけで、いい未来に繋がるよ。

抜粋した部分は、実際に本書を読まないとカンタンには腑に落ちないと思います。要はこういうことです。

起こった事実は変えられません。もう起こっちゃったから。その起こってしまった事実は、受け取り方次第で良いことにも悪いことにもなります。「悪い」と捉えるとその先な〜んも変わりません。でもね、「良い」と捉えると「次はこうしよう」と、反省材料が見つかったりするものです。

事実ってね、自分の解釈次第なんです。

僕自身、過去の出来事を振り返ってから、いまの自分を見てみると、案外「しめしめ、これは、きっと、上手くいく」の結果の積み重ねだな〜って感じることが多いんですよ。

R0010784

おわりに

どんなこともそのとき・その瞬間はゴールだけど、人生という長い尺でみると、また別のことへのスタートでしかありません。だから、僕らはそのとき自ら感じたり、自ら決めたゴールを選択し、自ら正しいと信じていくしかないんです。

だからね、「信州移住」は僕のゴール、だけど、スタートなんです。

ものくろさんから問いかけられた言葉から、こんなことを考えました。

今後、僕がどこに進むのかは分かりませんが、「何とかなるし、何とかする」の心でいってみます。あ、そうそう「いま、ここ」と「しめしめ、これは、きっと、上手くいく」も使わないとね。

R0010778

いまの自分になれた良書

先に挙げた本の内容は、最初はなかなか頭に入りません。人によっては拒絶反応も出るかもしれません。でも、僕にとっては多くのことが学べました。良かったら参考にしてみてくださいね。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で