写真をバックアップするためにFlickrを使うなら、Lightroomの「公開サービス」は使わずに手動でアップロードします

GR000625

Lightroomが素晴らしい!Apertureから移行しようか検討中」で書いたようにApertureからLightroomへ移行を考えています。

そこで解決しなくてはならないのが、Flickrにアップロードするまでのワークフローです。

よく写真のバックアップにFlickrを使われている方がいます。僕もそうです。

Lightroomには「公開サービス」というモジュールがあり、サクッとFlickrにアップロードしてくれるのですが、写真のバックアップ目的なら、僕は手動でアップロードするというのが今の考えです。

 
スポンサーリンク

写真をバックアップするためにFlickrを使うなら、Lightroomの「公開サービス」は使わずに手動でアップロードします

バックアップって?

GR000626

そもそも写真のバックアップって、簡単に言うと▼こういうことですよね?

ハードティスクAに「写真.jpg」というファイルがある。これをバックアップする場合、ハードディスクBにコピーする。結果、「写真.jpg」は別々のストレージにある。

この状態になって、初めてバックアップされたことになる。

というのが僕の前提です。

Flickrが写真のバックアップ代わり

GR000628

僕は、これまで撮ってきた写真をFlickrにアップロードしています(公開の許可が得られたもののみ)。それはブログに掲載するためですし、バックアップのためです。

というわけで、僕が写真を管理するときのゴールは「Flickr公開まで」なのです。

 

Flickrにアップロードするときに重宝するのが、ApertureのFlickrExportというプラグインです。

これ便利なんですよ。写真単位に投稿するアルバムやクループが指定できたりしますから、って「ApertureでFlickrにアップロードするならプラグイン「FlickrExport」がおすすめ!」に詳しく書いてました。

Lightroomの「公開サービス」を使わないわけ

GR000629

ここでは「公開サービス」の有り様はいったん外して考えて、バックアップすることが目的ってことに注意してくださいね。

 
 
ApertureのFlickrアップロード機能もそうですし、Lightroomの「公開サービス(のFlickr)」もそうなのですが、参照コピーなんです。

アップロードしたファイルをLightroomから消しちゃうと、Flickrからも削除されちゃう。ハードディスクA(Lightroom)とハードディスクB(Flickr)に同じファイルが別々に存在しているわけじゃないんですよね。

これではバックアップとしては不十分。

その点、FlickrExportは内部的に書き出されたJPGがアップロードされますので、バックアップとしての体をなしてます。

 

Lightroomの機能を確認しているときに、試しにやってみたらFlickrから消えてしまったので、「Oh…やはりか」って思っちゃいました。逆はやっていないので分かりません。

手動でアップロードする

GR000630

では、どうするのかといえば至極単純。

『Lightroomで書き出して、それをWebブラウザでアップロードする』

最近のFlickrはWebブラウザからでもアップロードしやすくなりましたし、おそらくFlickrExportでやっていた手間と同じくらいで出来るはず。

おわりに

GR000641

写真をシェアすることが目的なら、公開サービスはすごく便利なんです。ボタン1つで公開してくれますから。

でも、僕の用途には合わなかったので、上に書いたような流れでやっていきます。

とはいえ、まだワークフローを整理している段階ですし、その中でわっと驚く方法が出てくるかもしれません。・・・あるいは、Apertureを使い続けるかw

★写真を撮り続ける、それ即ち、バックアップとの闘い

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で