【信州移住】脱サラして移住を決意するまでの話/第1話「もがく前の僕」

R0015161

そして自信喪失

自信とは自分を信じること。

そして、

ありのままの自分でOKであると、勇気をもって認めることです。

 

さて、数年かけて僕の心に得体のしれない違和感が蓄積していきました。

するとね、「やりたいことができていない現実」と「朧げながらもこうなりたいという理想」との乖離がひどいことになります。

でも、日銭を稼がにゃと働く。乖離はどんどんひどくなる。悪循環。こうして心が病んでいくわけ。

 

そうなると、やりたいことをやろうとしてもそのためのエネルギーが出てきません。変えようとしても変えられない。そもそも、その方法が分からない。

できないもんだから、よりカンタンに一時的な快楽を求めてしまう。例えば衝動買いがそう。他には「7つの習慣」でいう第4領域もそう。

もちろん、それはそれで一定の効果はあります。全部が無駄とはいいません。ただ、心から自分がやりたいこと/なりたいことには向かっていませんよね。結局は自分が求めるゴールには近づいていないのです。

 

そうなるとできないことにフォーカスしてしまい自分を責める責める。アホかってくらいに。

結果、自信の持てない後ろ向きな僕が形成されてしまうわけです。本当はできていた事もたくさんあるはずなのに、そこには気付けないのです。

R0015163

自分の性格が仇となる

今思うと、「そんな僕の状態」を吐露できるような(吐露することが許されるような)存在が居なかった・・・いや違うな、僕自身に変なプライドがあったせいで、「弱さ」を出すことができなかったんです。上司にも同僚にも後輩にも。

バカだったんですよね。

ダメならダメっていった方が楽だし、良い方向に向かうのにさ。力がないと自分を責め続けたり、ときには周りの環境や人のせいにしたり。ため込みすぎてドッカーンって感じでした。

 

本当はそういうことを言ってもいいんだし、そういうことをいう自分を許していいのにね。

 

でも、2014年に友達の紹介で知った「アドラー心理学」の目的論からすると、そうなることを選んだのは自分、周りの環境は悪くないのです。問題は自分の側にあるんですよ。

だからこそ、自分を変えようと思えばいくらでも変えられるんです。

R0015166

【次のページ】過去の僕に今の僕が伝えたいこと 〜 おわりに

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。