「今、自分はこれやりたい!」と感じたとする。

そのとき

「でも、〜〜だから無理だ」
「でも、〜〜だから、いつか〜〜ができたらやろう」

と言いわけをして、自分に嘘ついて、やりたいことを先延ばしにする。自分の心が感じたことを、見なかったことにしてしまう。

では、少し先の未来において

「〜〜だから無理だ」が改善されたとき
「〜〜ができたらやろう」ができたとき

そのときに自分は生きている?かもしれないし、生きていない?かもしれない。いつだって未来の可能性は無数です。

Untitled

だからこそ、「今、自分はこれやりたい!」と感じたときに、できる可能性が/できる状況(金銭的、時間的など)が、少しでもあるなら「やればいいじゃん」なんです。

ただ、何かをやるときって大抵お金が出ていきます。減ることに「Oh! No!」とフォーカスしてしまいがちだけど、それ以上に得られる豊かさは確実にある。

「楽しい」とか「嬉しい」とか。そちらにフォーカスしよう。その方が楽しいもの。生きる活力にすらなるエネルギーだもの。

Untitled

「今、自分はこれやりたい!」と感じたら、「やればいいじゃん」です。

ということを、遠方から松本に来た友達が、一緒にラーメンを食べているときに気づかせてくれました。

僕はまだまだ自分のニーズを満たしてないね。だから「動けるうちに動いていくし、やりたいときにやっていこう」と決めました。

 

写真のラーメンはイオン南松本店に入っている「武蔵」のつけ麺。好きなんです。

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします