「無駄」と「無意味」の違いを私的に解釈するとこうなった

「無駄」は全てをバッサリするイメージ。でも、「無意味」はそれを受け入れた上で、今の自分にとって有益でない、というイメージ。だから「無意味」はその先がある。

なお、国語辞典はひいてません(笑)今回話すのは、あくまで僕のイメージです。

 

[adSensecode]

 

プロフィール写真撮影の東京&横浜出張から松本に帰宅したのが8月3日。翌4日から本格的に松本の生活を再開しました。実に2週間ぶりです。

コメダでモーニングをいただきつつ、まずは恒例のノート書き出し。タスクを整理したり、頭の中に浮かんだことを書き出したり、とにかくアウトプットしてスッキリさせるのが目的ね。

IMG_4882

そんな時、ふっと湧いてきた言葉がありました。それは『無駄と無意味は違うよな?』ということ。

 

人と比べても無駄。悩む時間は無駄。

ではなく、

人と比べても無意味。悩む時間は無意味。

の方が僕はしっくりくる。

 

冒頭に書いたとおり、「無駄」は全否定してます。でも「無意味」は違う。

例えば、僕たちは他者と比較したり悩んだりすると、心がざわつきます。それって一般的にはネガティブな感情ですが、そもそも感情に良いも悪いもありません。

だから、自分から湧いた感情はしっかり感じること。「あ〜、あるわ〜」と感じることが大切。

他者比較や悩むことを無駄とバッサリするのは違うと思うのです。

だって、しっかり感じたその先に、何かが見つかるかもしれない。現に僕はそうやって自分を深掘りしていくことで、様々な自分を見つけています。

だから、

「人と比べても(今は)無意味。悩む時間は(今は)無意味。」そして、「で、結局(今)どうしたい?」

と解釈する方が僕は好き。

書き出すのにオススメアイテム

※A4かA3サイズのノートや用紙を使うのもおすすめ。たくさん書けるし、書いたことを俯瞰しやすいですから。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします