僕ね、これまでコーヒーが飲めませんでした。でも、以前、ブラックコーヒーを飲むことに憧れて(笑)、少しずつ飲んでいたら飲めるようになったんです!

今では、ホッとするためにホットコーヒーを飲みたくなるほど。何杯も行けるわけじゃないですけどね。(2016年8月現在)

DSCF9786

 

[adSensecode]

 

今までできなかったことができるようになると、人って生き物はチョーシに乗るものだよね。はい、淹れ方にもこだわりたくなってしまいました。

詳しい方に聞くと、豆の挽き方、淹れ方、お湯の温度なども大切なのだ、とのこと。おぉ、コーヒーというものはものすごく奥が深いのだな、ってことを知ったのです。

・・・どうしよう、楽しすぎる!

DSCF9787

というわけで、今回は必須アイテムというモノを買いました。月兎印のスリムポットです。

その形状や注ぐ口が細いから、定量的にお湯を注げるようになります。また、中心から円を描くように・・・ということもできそう。期待大!

DSCF9789

コーヒーにこだわることを僕は「コーシー道」と呼んでいます。勝手に呼んでいるだけです(笑)他に「Bento道」もあります。お弁当男子も目指しているので。

 

この記事を書いている段階ではまだスリムポットを使っていません。洗って乾かしています。

さぁ、これから僕の「コーシー道」がどこに進むか、楽しみです。次はミルを買うかなぁ・・・やはり手動か?

今回買ったこだわりアイテム

ホワイト含めて6色あります。サイズは0.7リットルと1.2リットルの2種類です。

掲載している写真を撮るために、こういうのも使いました。

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします