ガジェット収納ポーチがかなり便利【2014年夏休み旅行記 Vol.1】

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

IMG_4336

旅の準備

旅の準備はいろいろあれど、ガジェットをたくさん持っていくと「うがー!」と叫びたくなるのが充電器やコードの類です。

すぐには使わないけど、必要なときはめっちゃ使うことになる、ガジェッターにはなくてはならないモノたち。電気難民にならないための必需品!

世のすごいガジェッターは「ひらくPCバッグ」を、それぞれの個性ですばらしい収納テクニックを披露されている方もいますが、基本的に「ひらくPCバッグ」はただのバッグです。いかに収納性に優れていようとも、ぐちゃぐちゃになるものは、ぐちゃぐちゃになるものです。

というわけで、収納ポーチを買うことにしました。

 
スポンサーリンク

ELECOM製の収納ポーチをゲット

IMG_5215

■メーカーサイト
汎用ガジェット収納ポーチ TB-02GPSV

Lサイズをチョイスしました。
どんな箱なのかはサイトで見てもらうとして、どれくらい詰め込めるかはこちらの写真をご覧くださいな。

IMG_4326

まず片側のエリアには、

  • Apple 45W MagSafe
  • Apple 12W USB電源アダプタ
  • Lightning-USBケーブル

間仕切りに、

  • 30ピン – USBケーブル
  • Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ(旅先で気付いたら壊れてたんですけどねw)

IMG_4327

もう片側のエリアには、

  • モバイルバッテリ充電器
  • X-T1バッテリー充電器(コードはセパレートですがコードも詰めました)
  • DP1 Merrillバッテリー充電器 2個

このように、細かいブツは1ヶ所にまとめることができました。これらはすぐ必要になるものではありませんので、NORTH FACEのバックへポイッと。ちなみにこの箱、やや弾力性もあるので、詰め込みすぎてもはち切れることはありませんでした。

使用感

実際に持っていって感じましたが、1ヶ所にまとまっているってそれだけで良いもんですね。
どこにあるか1発で分かりますし、細かいモノを見失うリスクも避けられます。例えば、小物がバッグの奥の奥に入ってしまって「むきー!」となることもありません。

この手のアイテムは必要ないだろうと考えていましたが、実際に使ってみて、長期間の旅には特に有効だと感じたもんです。

もうひとつの重要な準備

カメラの時刻設定

IMG_4328

これは写真を撮る人に限定されます。

写真は、そのときに見て・聞いて・何かしら感じたときに撮るものかと思います。それをもとに創造/創作することもあるでしょうが、記録として残すのが一般的かと思います。

でね、その記録を辿るとき、たとえば今回の旅行記のように思い出を楽しむときは、時系列で辿っていきたいもんです。「あのとき食べたランチ最高!」、「その後に食べたソフトクリームも良かったよね」、「あれ?あの後どこ行ったっけ?」など。複数のカメラを使って撮影したときこそ時系列で並んで欲しいから、僕は持っていくすべてのカメラを事前に時刻合わせしておきます。

こういうのってけっこう大事だと思うんですよ。

おわりに

旅の思い出を振り返る前に準備のことを思いついちゃって、今回はこのような内容になりました。でもね、あの箱、便利ですよ〜。

さて、次回はいよいよ旅自体のことを綴っていきます。初日のことだから尾道ですね。写真を見ながら記憶を辿っていこうと思います。

IMG_4338

ご紹介した収納ポーチはこちら!

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!